お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2014年5月1日木曜日

張成沢処刑を主導 黄ビョンソ

わずか10日の間二階級や超高速昇進した
https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=201451

北朝鮮労働党組織指導部第1部部長f黄炳瑞に対する関心がますます大きくなっている。
彼の身上情報は正確に知られていない。
年齢だけ見ても中国媒体らは65才,

統一部が発刊した‘北朝鮮主要人事人物情報’には74才(1940年生)と出ている。
だが金正恩の最側近という点は否定できないと見られる。
北朝鮮労働党,内閣などの要人を総括管理する労働党組織指導部中でも
ファン・ビョンソが引き受けた組織指導部第1部部長は北朝鮮内軍部の人事組織を責任を負う,
‘核心中の核心職務’という。

国内では黄炳瑞が知らされる前までは
労働党組織指導部第1部部長が誰かわからなくて
“金正恩が直接受け持っているのと違うか”という観測が出てきたこともある。
黄は2013年12月張成沢処刑を主導しながら,金正恩の最側近に浮上したという。
2013年には崔竜海が金正恩の公開活動を最も多く遂行したが,
今年に入っては黄の随行頻度が崔竜海水準を越えたという。

黄は2010年9月北朝鮮人民軍中将(韓国軍少将),
2011年3月上将(韓国軍中将)で進級したし,
去る4月15日平壌で開かれた第1回飛行士大会で
大将(隊長)階級章を付けて出たのが確認された。

0 件のコメント:

コメントを投稿