お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2014年7月26日土曜日

日朝ストックホルム合意

外務省のホームページにあるpdfをテキスト化した。

改めて読むとだれの名前もない。

平成26年5月30日

 5月26日から28日まで,スウェーデン・ストックホルムにて開催された日朝政府間協議の概要以下のとおり。(日本側代表:伊原純一アジア大洋州局長,北朝鮮側代表:宋日昊(ソン・イルホ)外務省大使)

  • 今回の日朝政府間協議は,前回の議論の内容を踏まえつつ,双方が関心を有する幅広い諸懸案について,集中的に,真剣かつ率直な議論を行った。(29日に発表した合意文書は別添のとおり。)
  • その他,北朝鮮側からは,改めて朝鮮総連本部不動産の競売問題に関して強い懸念の表明があり,日本側から現在,裁判所により進められている手続について説明した。
  • また,日本側からは,北朝鮮による核・ミサイル開発及び地域・朝鮮半島の緊張を高めるような挑発行動について,北朝鮮の自制を求め,日朝平壌宣言や関連国連安保理決議,六者会合共同声明等を遵守するよう求めた。

images

 

双方は,  日朝平壌宣言に則って, 不幸な過去を清算し, 懸案事項を解決し,国交正常化を実現するために, 真摯に協議を行った。
日本側は,北朝鮮側に対し,  1945年前後に北朝鮮域内で死亡した日本人の遺骨及び墓地,残留日本人,いわゆる日本人配偶者,拉致被害者及び行方不明者を含む全ての日本人に関する調査を要請した。
北朝鮮側は, 過去北朝鮮側が拉致問題に関して傾けてきた努力を日本側が認めたことを評価し, 従来の立場はあるものの, 全ての日本人に関する調査を包括的かつ全面的に実施し, 最終的に,  日本人に関する全ての問題を解決する意思を表明した。
日本側は, これに応じ, 最終的に, 現在日本が独自に取っている北朝鮮に対する措置 (国連安保理決議に関連して取っている措置は含まれない。) を解除する意思を表明した。
双方が取る行動措置は次のとおりである。 双方は, 速やかに, 以下のうち具体的な措置を実行に移すこととし, そのために緊密に協議していくこととなった。
―日本側
第一に,北朝鮮側と共に,  日朝平壌宣言に則って,不幸な過去を清算し,懸案事項を解決し, 国交正常化を実現する意思を改めて明らかにし,  日朝間の信頼を醸成し関係改善を目指すため, 誠実に臨むこととした。
第二に, 北朝鮮側が包括的調査のために特別調査委員会を立ち上げ, 調査を開始する時点で, 人的往来の規制措置, 送金報告及び携帯輸出届出の金額に関して北朝鮮に対して講じている特別な規制措置, 及び人道目的の北朝鮮籍の船舶の日本への入港禁止措置を解除することとした。
第三に,  日本人の遺骨問題については, 北朝鮮側が遺族の墓参の実現に協力してきたことを高く評価し, 北朝鮮内に残置されている日本人の遺骨及び墓地の処理, また墓参について, 北朝鮮側と引き続き協議し, 必要な措置を講じることとした。
第四に, 北朝鮮側が提起した過去の行方不明者の問題について, 引き続き調査を実施し,北朝鮮側と協議しながら,適切な措置を取ることとした。
第五に,在日朝鮮人の地位に関する問題については, 日朝平壌宣言に則って,誠実に協議することとした。
第六に, 包括的かつ全面的な調査の過程において提起される問題を確認するため, 北朝鮮側の提起に対して,  日本側関係者との面談や関連資料の共有等について,適切な措置を取ることとした。
第七に, 人道的見地から, 適切な時期に, 北朝鮮に対する人道支援を実施することを検討することとした。
―北朝鮮側
第一に,  1945年前後に北朝鮮域内で死亡した日本人の遺骨及び墓地,残留日本人, いわゆる日本人配偶者, 拉致被害者及び行方不明者を含む全ての日本人に関する調査を包括的かつ全面的に実施すること と した。
第二に,調査は一部の調査のみを優先するのではなく,全ての分野について,同時並行的に行うこととした。
第三に, 全ての対象に対する調査を具体的かつ真摯に進めるために, 特別の権限(全ての機関を対象とした調査を行うことのできる権限。)が付与された特別調査委員会を立ち上げることとした。
第四に,  日本人の遺骨及び墓地, 残留日本人並びにいわゆる日本人配偶者を始め,  日本人に関する調査及び確認の状況を日本側に随時通報し, その過程で発見された遺骨の処理と生存者の帰国を含む去就の問題について日本側と適切に協議することとした。
第五に, 拉致問題については, 拉致被害者及び行方不明者に対する調査の状況を日本側に随時通報し, 調査の過程において日本人の生存者が発見される場合には, その状況を日本側に伝え, 帰国させる方向で去就の問題に関して協議し,必要な措置を講じることとした。
第六に,調査の進捗に合わせ,日本側の提起に対し,それを確認できるよう,日本側関係者による北朝鮮滞在, 関係者との面談, 関係場所の訪問を実現させ,関連資料を日本側と共有し, 適切な措置を取ることとした。
第七に, 調査は迅速に進め, その他, 調査過程で提起される問題は様々な形式と方法によって引き続き協議し, 適切な措置を講じることとした。

0 件のコメント:

コメントを投稿