お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2014年8月24日日曜日

中国は石油輸出を止めていない 週刊東亜

http://weekly.donga.com/docs/magazine/weekly/2014/08/18/201408180500014/201408180500014_1.html

 

‘0のミステリー。’去る6ケ月間政府当局者らと北朝鮮研究者らを困らせている質問だ。

中国政府が集計,発表する貿易統計で対北朝鮮原油輸出項目が1~6月中ずっとゼロを記録しているため。
中国が北朝鮮に毎年50万t内外の原油を供給してきたし,昨年同期にも25万1000tを輸出したことに比較すればきわめて異例的な状況が続いているのだ。
‘0の行進’が続きながら,国内報道機関と専門家たちは対北朝鮮原油輸出中断を中国の対北朝鮮政策が変化しているという主要証拠だと目星をつける報道を吐き出した。

“冷戦以後一度もなかった強硬姿勢”で“‘北朝鮮を捨てるべきか’に対する討論が進行中という傍証”という評価が反復的に提起されるかと思えば,“北朝鮮軍が油が落ちて,訓練の時も車両を使用できなくて連隊長級指揮官らも車を止めておいて通うほど”として北朝鮮の早期崩壊が差し迫ったという‘対北朝鮮消息筋’発記事も列をなした。

果たして北朝鮮と中国の間にどんなことが行われているのだろうか。
‘エネルギーバルブが閉まった’北朝鮮経済は近い将来崩壊することであろうか。
視野を広げれば糸口は意外に簡単に目に映る。

以下はあえて訳さないでおきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿