お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2014年9月17日水曜日

北,今年農作業展望暗い

今年、北朝鮮の農業は不振のようだ。

農業の小規模化が効果を上げているという観測もあったが、やはり天候に大きく左右されているようである。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/ne-ms-09162014101558.html

 


ソウル-ムン・ソンフィxallsl@rfa.org
2014-09-16

アンカー:北朝鮮の今年農作業作物状況が例年水準にはるかに至らないものと見られると現地消息筋らが主張しました。
今年作物状況が予想のとおりならば,新年新年辞で農業問題を特別に強調した金正恩労働党第1秘書の体面を台なしにするようになったと消息筋らは伝えました。

北朝鮮内部の便りムン・ソンフィ記者がお伝えします。
金正恩労働党第1秘書は新年‘新年辞’で今年北朝鮮の週打撃方向を農業だと規定しました。

金正恩新年辞:今年の経済建設と人民生活向上のための闘争で農業を週打撃方向で確かに握り締めて農作業にすべての力を総集中しなければなりません…

金正恩第1秘書のこういう方針により北朝鮮は今年仕事がない工場企業所労働者らを皆協同農場に派遣して,農作業を助けるようにしました。

ひいては住民たちの生計を左右する市場まで午後4時から夕方9時まで制限しながら,人民班扶養家族らも毎日‘農村支援’に追い出しました。
このような努力にもかかわらず,今年北朝鮮の農作業作物状況は“地域ごとにとてもでこぼこで、予測が難しい状態”と現地消息筋らは強調しました。

14日,咸鏡北道のある農業部門関係者は“北部地方は農作業が大丈夫だが中部地方は農作業を亡ぼしたし南部地方も昨年に比べて,農作業がうまくできなかった”として“全般的に昨年より農作業作物状況がとても良くない状態”と今年北朝鮮の農作業状態を説明しました。

種別ではイネとジャガイモがうまくいったしトウモロコシと味噌玉麹豆は良くならなかったとし,北朝鮮の一年総食糧生産量でトウモロコシが占める比率が37%程度なのにトウモロコシ農作業を亡ぼして,来年にも食糧難が近づくこともできると警告しました。

これと関連して15日,慈江道の一消息筋は“今年慈江道農作業は昨年より良くならなかった”として“特に内陸地帯農作業がほろびたという噂が飛びながら差しせまってくる食糧難に備えて金がある家らはすでに市場で米を大量で取り入れている”と話しました。

反面両江道の消息筋は“今年1万町歩は町歩当たりジャガイモ50トンと予想している”として“恵山市にある大学生らと高等学校学生たちが全部1万町歩協同農場に‘農村支援’を出て行った”と15日自由アジア放送に伝えました。

ジャガイモ農業に噂になった両江道DaeHongDan群は町歩当たりジャガイモ‘予想収穫高’が30トン以下に出てきたし他の協同農場らも町歩当たりジャガイモ25トン程度に出てきたがこの程度ならば今年農作業が豊作という程うまくいったものと彼は強調しました。

消息筋はしかし“両江道の農作業だけうまくいっただけ他の地方らは農作業がよくならなかったと理解している”として“新年新年辞から農業をそのように強調したのにこれと言った成果がなかった”と話して,今年農作業作物状況と関連して,金正恩労働党第1秘書が体面を台なしにすることもできることを迂回的に表現しました。

 

http://news.searchina.net/id/1536800

北朝鮮に「無慈悲な旱魃」・・・事態深刻、国営メディアも珍しく「悲鳴」
2014-07-04 11:15LINEで送る
 北朝鮮の国営通信社、朝鮮中央通信は3日付で、同国の一部で旱魃(かんばつ)が深刻化していると報じた。穀倉地帯にも大きな被害が出ていると紹介。耕作地に水を引き入れているが「すぐに乾く」、「被害は相変わらず解消されないとみられている」などの、“悲観的”な論調が目立つ。同国報道は日ごろ、敵対する相手に対して「無慈悲な報復攻撃」などの激越な論調を用いるので知られる。「無慈悲な」は朝鮮語で「容赦ない」程度のニュアンスだが、今回は同国が「容赦ない天災」に見舞われた格好になった。

 旱魃被害が発生している地域を列記した上で、「特に穀倉地帯である黄海南・北道(ファンヘナムド、ファンヘプクト)の被害は深刻」と紹介した。

 旱魃対策に「引き続き努力」と論じた上で、「持続する旱魃と高温現象によって水を引いた田畑がすぐ乾く」などと、効果があまり出ていないことを認めた。

 

http://www.voakorea.com/content/article/2450834.html

FAO「北朝鮮から作況調査の要請はまだない。要請があれば検討」。FAOは2009年から北朝鮮のコメなどの作況調査を行っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿