お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2014年9月26日金曜日

金正恩が足の手術か 自由北韓放送

http://www.fnkradio.com/

原文

 

訳文はこちら。

 

金第1書記 最高人民会議欠席理由は足の手術のため? 
WoW!Korea 9月26日(金)10時31分配信

金第1書記 最高人民会議欠席理由は足の手術のため? 
金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(提供:news1)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が最近、両足首の関節の手術を受けたという主張が26日、提起された。北朝鮮専門メディア「自由北朝鮮放送」はこの日、金第1書記が25日に行われた第13期最高人民会議(国会に相当)第2回会議を欠席した理由がまさにその手術のためだと伝えた。

 自由北朝鮮放送は平壌の消息筋を引用して「一部の医療陣がこのような知らせを伝えた」とし「労働党の創建記念日(10月10日)には全快した金第一書記の姿を見ることになるだろう」と付け加えた。

 ただし、自由北朝鮮放送は金第1書記の具体的な手術理由については伝えていない。

 一部では金第1書記の治療や手術のためにドイツなど医療陣が最近北朝鮮を訪問したと思われるという推測が出ている。

 

(朝鮮日報日本語版) 20日以上姿見せない金正恩氏、最高人民会議も欠席
朝鮮日報日本語版 9月26日(金)10時14分配信

 

(朝鮮日報日本語版) 20日以上姿見せない金正恩氏、最高人民会議も欠席
(写真:朝鮮日報日本語版)
 北朝鮮の平壌で25日、最高人民会議(国会に相当)第13期の第2回会議が開催されたが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記は姿を見せなかった。金正恩氏は2012年4月の第12期第5回会議以降、最高人民会議には全て出席していた。

 金正恩氏は2カ月前から足を引きずって歩く様子が放映されていたが、今月3日に牡丹峰楽団の新作音楽会を観覧した後は、22日間にわたり公の場に姿を現していない。そのような中、今回の最高人民会議も欠席したことで、金正恩氏の健康状態にあらためて注目が集まりそうだ。ただし故・金正日(キム・ジョンイル)総書記もかつて最高人民会議を何度か欠席したことがあるため、たとえ健康に問題が生じたとしても、さほど深刻な状況ではないとの見方もある。

 この日の最高人民会議では黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏が北朝鮮の最高権力機関である国防委員会の副委員長に指名された。黄炳瑞氏は今年5月に崔竜海(チェ・リョンヘ)氏から朝鮮人民軍総政治局長のポストを引き継いだばかりだが、今回国防委員会副委員長にも就任したことで、金正恩体制における実力者としての地位を固める形になった。黄炳瑞氏は2010年9月に朝鮮人民軍中将(韓国軍の少将に相当)、11年3月には上将(同中将)へと一気に出世し、さらに今年4月には大将となり、このことが確認されてからわずか11日後には次帥(元帥と大将の間の階級)の称号を受けた。朝鮮労働党組織指導部で朝鮮人民軍を主に管理する第1部長職にありながら、昨年12月には金正恩氏の叔父に当たる張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の処刑に中心的な役割を果たしたことで急浮上したものとみられる。

 また朝鮮中央放送はこの日「崔竜海代議員を朝鮮民主主義人民共和国国防委員会副委員長から解任する」と発表した。崔竜海氏は朝鮮労働党勤労団体書記への異動を経て、張成沢氏が担当していた国家体育指導委員長に今回任命された。今年4月の最高人民会議第13期の第1回会議で国防委員会副委員長に就任し、朝鮮人民軍のトップとなった崔竜海氏だが、わずか6カ月で軍部から完全に退いたことになる。軍のトップにあった時は一時序列4位にまで出世したが、現在は8位にまで後退し権力に陰りが見え始めている。

 今回の最高人民会議では玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長と李炳哲(リ・ビョンチョル)航空および反航空軍司令官が新たに国防委員に任命された。先日人民武力部長(韓国の国防相に相当)から軍団長に降格となったばかりの張正男(チャン・ジョンナム)氏が国防委員から解任されたことも分かった。金正恩氏にバスケットボールを指導したことで知られる崔富一(チェ・ブイル)人民保安部長は最高人民会議に姿を現さなかったが、これは今年5月に平壌で数百人が死亡するマンション崩壊事故が発生した責任を取り、現在謹慎処分を受けているためとの見方がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿