お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2014年9月8日月曜日

北姜錫柱訪問ヨーロッパ国らは?…‘批判的介入’で北変化要求

今回訪問する国は、人道援助をしているが批判的な国ばかり。

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2014090506470241045
byチュ・ソンハ記者2014-09-06 7:36 am

姜錫柱北朝鮮労働党ククチェ秘書の6日から異例でヨーロッパ4ケ国歴訪に出ながら,彼らと北朝鮮に行った関係が関心を引いている。

姜錫柱秘書が訪問する国家はドイツとベルギー,スイス,イタリアだ。
この国らは北朝鮮と修交しているけれど国連の対北朝鮮制裁に参加しながら,非常に制約的な関係を維持している。

カン秘書は4ケ国に北朝鮮の立場を説明して支持を訴える一方,批判的介入政策の緩和を促すことと観測される。


米国の海外向け放送(VOA)は4日(現地時間) 4ケ国は批判的介入政策を行っているだけに核兵器と弾道ミサイルに対して北朝鮮が根本的な態度変化を見せない限り北朝鮮と関係を強化する可能性は少ないと診断した。

◆大量殺傷武器拡散防止に主力を注ぐドイツ=ドイツは2001年北朝鮮と外交関係を結んだ.ドイツは修交以後長官級交流をしないだけに姜錫柱訪問は北朝鮮最高位級のドイツ訪問になるものと見られる。

ドイツは去る3月更新した対北朝鮮関係現況報告で対北朝鮮外交の目的は大量殺傷武器(WMD)拡散防止と南北対話進展,北朝鮮の人権状況改善と釘を刺した。

北朝鮮との関係は昨年2月北朝鮮の3次核実験とロケット試験発射,天安爆沈と延坪島砲撃などでずっと退色している。
ドイツは昨年3月北朝鮮当局が米国との核戦争を威嚇しながら,平壌駐在外国公館の安全を保障できないと威嚇した事例を指摘しながら,これは二国間信頼構築に役に立たなかったと明らかにした。

ドイツは北朝鮮の核開発に対する国連とヨーロッパ連合の多様な制裁決議がドイツと北朝鮮の両者関係にも影響を及ぼしたと明らかにして,北朝鮮の態度変化なしでは関係改善が大変なことと観測される。

北朝鮮に粉ミルクを支援しているスイス開発協力処(SDC)関係者らが北朝鮮現地で現場を点検している。

◆北朝鮮と修交40年合ったスイス=スイスメディア’は去る2日外務部管理を引用して,カン秘書が11日から13日までスイスを訪問して,外務部次官と会うことだと報道した。

スイスと北朝鮮は今年修交40年をむかえた.1974年修交したし,2003年からは毎年北朝鮮と'政治対話'を繋いできた。

スイスやはり北朝鮮が昨年始め戦争威嚇を高めさせて,糾弾声明を発表して人権状況に対しても国連人権理事会発言を通して,改善を強く促してきた。

スイス議会は2008年北朝鮮の続いた核兵器開発を理由で北朝鮮を最優先支援国から除外して,開発協力は中止しながら,人道的支援だけするように決議したし,スイス外交部傘下開発協力処(SDC)は2011年末以後北朝鮮で開発協力を打ち切った。

◆関係微小なイタリアとベルギーだが=イタルリとベルギーは北朝鮮と修交して10年が越えた。
各々2000年と2001年に修交した。

スイスを除いた3ケ国が会員国であるヨーロッパ連合(EU)やはり北朝鮮と例年政治対話を持っているが‘批判的介入’政策を維持している。
EUは対北朝鮮関係現況で韓半島の平和と安保,核非拡散,人権改善に関係の焦点を合わせていると明らかにした。

これに伴い北朝鮮の核兵器と弾道ミサイル開発を強力に批判する一方国連の北朝鮮の人権決議を主導していると明らかにした。
このために姜錫柱はEU本部があるベルギー,ブリュッセルを訪問,EUと関係改善を試みると予想される.ある外交消息筋は4日ベルギー訪問目的が外交公館横行しろと伝えた.現在北朝鮮とEU間の外交窓口は英国駐在北朝鮮大使館が代行している.カン秘書はこのためにEU外交部役割をするヨーロッパ対外関係庁(EEAS)関係者と面談日程を定めていると伝えられた。

◆人道的支援4ケ国は対北朝鮮人道的支援は活発。
スイスは食糧と飲料水(植樹),汚物処理環境保護に人道的支援の焦点を合わせている.このためにSDCは今年対北朝鮮支援予算で800万ドルを組み合わせた。

昨年にも839万ドルを支援した。

今年予算中380万ドルは650tの粉ミルク購入に支出したし420万ドルは水質改善のための技術伝授と山林農法伝授に使われる予定だ。
650tの粉ミルクは先月北朝鮮に到着した.粉ミルクは北朝鮮で運営する英洋菓子工場2ケ所と‘スーパーシリアル’で呼ばれる‘混合加工食品’工場で栄養食品を作るのに使われている。

スイスはまた教育と芸術分野の人的交流も持続している.外国学生たちを対象に政府招請奨学生を募集しているスイスは北朝鮮大学生を対象に博士過程と博士後過程,研究員過程など3ケ分野でも奨学生を選んでいる。

ドイツは先月カトリック救護団体の‘カリタス ドイツ’を通じて,北朝鮮に45万ユーロ,美化60万ドルを提供するなど北朝鮮に対する人道主義支援は継続している。

ドイツ外務部はまた文化と学術分野でも一部人的交流を持続しているけれど北朝鮮の科学者と技術者らのドイツ研修は北朝鮮政権に対する国連の制裁を反映して,中断させた。

EUも北朝鮮に今まで3億6600万ユーロ,4億7000万ドルの人道的支援をしている.EUは去る5月今年対北朝鮮食糧安保事業に675万ユーロ,美化926万ドルを支援する計画だと明らかにした。
[アジア経済]

0 件のコメント:

コメントを投稿