お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2015年2月23日月曜日

金敬姫は死んだのだろうか,死につつあるのか?

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=235525

自由北韓放送

元気でぴんぴんしているということはないでしょう。


残忍なおい金正恩によって,すでに死んだか、死んだことが無視されているという主張が信憑性を得ている。

15日放映された北朝鮮朝鮮中央TV(記録映画)で張成沢の夫人で金正恩の叔母の金敬姫(労働党秘書)の姿が削除されたことが確認された。

朝鮮中央TVは15日午後金正恩の錦繻山太陽宮殿建設業績を扱った記録映画‘永遠の太陽の聖地で万台に輝かせられようと’を再放送しながら,金敬姫が出てきた場面を抜いて既になかった他の画面に変えた。

張成沢処刑翌日の昨年12月13日初めて放映されたこの記録映画には金敬姫が2012年12月17日錦繻山太陽宮殿開館式の時黒い喪に服して金正日夫婦,党・政・軍幹部らと共に参拝する姿が含まれていた。
しかし今回再放送された映像でこの場面が抜けて金正恩と李雪柱が昨年12月17日金正日死亡2周期をむかえて,錦繻山太陽宮殿を参拝する画面で代替された。
過去北朝鮮が主要幹部を粛清して各種報道媒体で彼らの痕跡を消す形態を見せてきた点を考慮する時,張成沢処刑以後金敬姫に対しても政治的除去作業に出たことで観測される。
今回の記録映画では金敬姫だけでなく張成沢の側近で最近平壌市党責任秘書で解任されたことが確認されたムン・ギョンドクが出てくる場面も削除された。

北朝鮮はその間体制に反したり統治に障害物になる人物ら,それにより処刑されたり粛清された高位関係者たちの姿を記録映画や各種発行物で削除した。

その代表的な事例が故黄長燁前労働党秘書だ。
彼が韓国に亡命した後,北朝鮮当局は各種映像と発行物,記念写真などで黄秘書の写真を削除したし一部は削除した席を白色で処理することもした。

このような点から推察する時,金敬姫が生きている可能性は希薄だというのが大部分北脱出民らの見解だ。

自宅軟禁説もあるが一瀉千里で死刑まで言い渡しされた張成沢の場合をみても、金正恩はそんな配慮はしないという主張だ。
結局金敬姫は残忍なおい金正恩によって,すでに死んだり、死が放置されているという主張が信憑性を得ている。

0 件のコメント:

コメントを投稿