お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2015年4月14日火曜日

北保衛部'98作戦'突入,金正恩'恐怖政治'指揮

ニューフォーカス 記事の内容が堅苦しくて、訳もこなれないが、結局敵対分子を除去しろということのようだ。

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=242883

[単独]北朝鮮保衛部,保安部内部共同で‘98作戦’突入

ニュポコス通信員が伝えたところによれば、昨年11月から北朝鮮保衛部と保安部が“98作戦”という内部共同作戦に突入したという。

“98作戦”は2013年9月8日金正恩最高司令官名義で“不純,敵対分子らとの掃討前に対する具体的作戦計画を報告しなさい”という内容の指示文だという。
北朝鮮は首領神格化体制という特性上、党や国家次元で下機関らに強要する最高決定や指示文らは首領の教示,あるいは首領の批准で命令する。

これは執行過程だけでなくその結果に対しても首領神格化法で厳格に,追及するという強いメッセージになる。

金日成生存の時にも事実上金正日党組織費での決心や党組織指導部の決定事項らを形式的な提案書批准過程をかけて,金日成首領名義で各機関らに命令したりした。

金正恩指示履行を具体化する次元で2013年10月から2014年9月まで総7回にかけて,党中央軍事委員会,党中央委員会名義でなった指示文らまで追加的に国家安全保衛部と人民保安部に配布されたという。

それだけでなく保衛事業の強制性を強調するために金正恩最高司令官名義でなった指示らが1ヶ月に2~3度保衛部と保安部に通達される状態という。

その指示文ら中で最も強力な2014年9月党中央軍事委員会,党中央委員会共同命令書では“体制保衛機関としての役割と機能を最大限高めるためにはまず国家安全保衛部と人民保安部から内部規律と秩序,強い信念を持たなければならない。”として‘軍事化’を強調したという。

これに伴い“保衛部軍事化”,という組織スローガンが新しく登場したという。

その“保衛部軍事化”による1次的被害者は保衛部と保安部軍人らという。

過去には大衆監視という業務特性上外での隠密な活動がさらに多かったし,党組織生活で離脱できる口実も多様だったが今は内部統制が激しいうえに実績をずっと追及するせいで、言葉どうり軍事化の強要で誤りあるいは職務怠慢摘発で党除名,解任追放除隊される軍人らも多いということだ。

このような“保衛部軍事化”の主な目標は社会統制と住民監視なので自然に,公開処刑と同じ人権じゅうりん行為らが金日成,金正日政権の時よりより一層組織的ながらも露骨に変わったという。

特に党中央軍事委員会,党中央委員会共同命令書には2013年10月金ウォンホン国家安全保衛部長と金正恩の単独面会内容を具体的に紹介しながら“許した大部分の前科者らがまた犯罪を犯せる” “今は話をしてはいけなくて,銃声を出して,不純分子および敵対分子らは打って殴ってしまい公開処刑をしても群衆らを覚醒させること” “反体制行為で確認される場合現場で保衛部自主的に判断して銃殺した後処刑された者と罪名を平壌に報告すること”とまったく釘を刺したという。


その他にも“境界地域不法越境・ベトナム逃走および密輸などを根元から抜くために銃声が鳴り響くようにすること”,“金正日哀悼期間に北脱出した者は公開銃殺してその種を徹底的に止めさせること”,と強調したという。

このために2012年4月軍傘下国境警備隊を国家安全保衛部所属に編入させた今“強者摘発”,“北脱出者誘引”,“北脱出者関連情報収集”,“携帯電話通話および手紙取り引き追跡” “北脱出者家族管理”などの業務を専門担当する新しい組織らの本部と支部を平壌と北中国頃沿線に追加拡大したという。

通信員は最後に“保衛部軍事化”,は単純に組織内部の秩序と規律を強調しようということでなく軍法で住民たちを強く治めるように特権を与えたことで,だから現在保衛部,保安部内部共同の“98作戦”は党中央軍事委員会,党中央委員会共同で撤回命令(そのような奇跡が起こらないことだが)が離れていない時までは

結局人権じゅうりんと恐怖政治が極度に激しくなることだと強調した。

[ニュフォーカス=ニュデイルリ特約]

0 件のコメント:

コメントを投稿