お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2015年4月7日火曜日

北朝鮮の幹部 中国で行方不明相次ぐ 金銭トラブルの可能性も

http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_nuclear_talks/highofficers-04032015131022.html

今までなら表沙汰にならなかった事件が、トラブルに発展しているようだ。

 

最近中国で北朝鮮高級幹部らが行方不明になる事件が相次ぎ、北朝鮮当局は非常事態になっているという便りです。
消えた高級幹部らは北脱出したと推定されるが、彼ら中の一部は中国で拉致されたり、殺害された可能性もあると消息筋らは言及しました。
北朝鮮内部の便りキム・ジウン記者が報道します。
“家族がなければ、私も直ちに事を起こしたい”北朝鮮の幹部らが信じる人の前だけで、公然と吐きだす言葉といいます。
この話は‘家族らだけでなければどんな方法にも北朝鮮を抜け出したい’という幹部らの切迫した心情を代弁していると消息筋らは明らかにしました。

北朝鮮当局の苛酷な処罰と粛清で身辺に危険が近づく場合、前後をよく考える間もなく、北朝鮮に家族らを残したまま北からの脱出してしまう幹部も多い。
今年2月にも中央のある幹部が中国遼寧省瀋陽で行方不明になる事件があったと消息筋らは話しました。

新義州で中国丹東をしばしば出入りする、ある外貨稼ぎ働き手は“当時国家安全保衛部は行方不明なった幹部を逮捕するために、要員数十人を瀋陽に派遣して中国公安当局に協調捜査も依頼したが、ついに行方を探せなかった”と伝えました。

こうした中3月27日中国、吉林省延辺朝鮮族自治州で“外貨稼ぎ任務を受けて出てきた中央の幹部1人が、また消える事件が発生した”と北朝鮮と交易をしている延吉市のある朝鮮族企業家が1日自由アジア放送に伝えました。
自身の身元が公開されるのを願わないこの企業家は“延吉市に出ている北朝鮮幹部らが行方不明なった人物が誰なのか絶対に知らせないでいる”としてだが私席では皆‘大きい人物’と話すと見て消えた幹部が大物だろうと予測しました。

これと関連して3日北朝鮮内部の一消息筋は“この前、国家保衛部が中国に派遣された幹部らに‘なるべく出歩かずに派遣勤労者らに対する監視も特別に強化しなさい’という指示を与えた”と自由アジア放送に話しました。
表面では、10日先に迫った金日成主席の誕生日と関連して事故を予め防ごうという目的であると説明している。

しかし実際にはこの頃中国で貿易部門幹部らと外貨稼ぎ働き手らが消える事件がしばしば発生するためだと彼は説明しました。
国家保衛部に提起される問題らをよく把握しているというこの消息筋は“金正恩政権以後中国で明確な理由なしで行方不明になった高位級幹部らが数十人に達する”としてその中には、単純に北脱出したと決めつけにくい事件らも多いと話しました。

“国家保衛部は消えた幹部ら中一部が貿易取り引きで中国側に被害を与えた理由で現地組織暴力団に拉致されたと見ている”として“本国の約束不履行でやむをえず中国大方に被害をもたらせた幹部らが中国人らから袋叩きにされることも、最近しばしば行われている”と消息筋は強調しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿