お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2015年7月26日日曜日

トンジュのトラブル拡大

お金主,請負殺人まで行って
ソウル-ムン・ソンフィxallsl@rfa.org
2015-07-24

北朝鮮で最近話題の金主、殺人まで手がけているとか。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/ne-ms-07242015095052.html

アンカー:北朝鮮で金持ちらを称するいわゆる'お金主(トンジュ)'らが建設業はもちろん炭鉱と金鉱事業まで手をつけながら,凶悪犯罪を行っていると分かりました。

各種利権介入のために請負殺人もはばからないでいて司法機関の悩みの種になっているという話です。
北朝鮮内部の便りムン・ソンフィ記者が報道します。

北朝鮮住民たちの中では金持ちらの勢力拡張戦いを、‘根拠地戦争’と呼んでいます。
お金主ら,すなわち金持ちらが腐敗した幹部らと、国家的な建設事業はもちろん石炭生産と、海辺に出て行く漁業権まで独占しているということです。


咸鏡北道の一消息筋は“19日地域住民らと外地住民たちの間に大きい仲間割れがあった”として“砂利と棒,ツルハシとサプまで動員された仲間割れで3人が死亡、数十人が重傷を負った”と22日、自由アジア放送に明らかにしました。

今回の仲間割れは、お金主らに雇用された外地住民たちが、現地住民たちの採炭場を奪い取ろうとしながら行われたと、彼は言及しました。

住民たちにとって、石炭は生計を維持し、お金にできる唯一の手段だと彼は付け加えました。
しかし咸鏡北道恩恵郡一帯では昨年からお金主らによって,百ケ余りが越える露天採炭場らが生じたと彼は話しました。

最近連絡がついた咸鏡北道の、他の消息筋は“先月16日水産総局傘下の遠洋漁船事業所所属の隊長が残酷に殺害される事件が発生した”として“保衛部と保衛司令部まで動員されて,捜査したが犯人はまだ捕えられなかった”と伝えました。

司法当局は今回の殺人事件を羅鮮市‘大興貿易会社’社長の‘請負殺人’と疑っていると彼は言及しました。

特に消息筋らは“事業領域を拡張したり独占しようとするお金主らの‘根拠地戦争’が激しくなりながら,今年咸鏡北道にだけ京城‘ジュウル温泉事件’をはじめとして‘請負殺人’が疑われる殺人事件らが後が絶たない”と強調しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿