お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2015年10月8日木曜日

北朝鮮は住民と華僑結婚不許可

http://www.rfa.org/korean/in_focus/chinesekorean-09022015100119.html

これも中朝冷却化の余波だろうか?

韓中蜜月’…中国-金ジュンノxallsl@rfa.org
2015-09-02Eメール反論コメント文コン・ユ印刷
アンカー:北朝鮮当局が北朝鮮居住華僑と

住民間の婚姻登載を許さない方法で北朝鮮住民と華僑の婚姻を基本的に封じ込めていると分かりました。
中国で金ジュンノ特派員が報道します。
外国人との婚姻を一切認めない北朝鮮当局がその間例外的に華僑と結婚する住民たちの婚姻登載(婚姻届)は受け入れました。

だがキム・ジョンウン政権が入った以後華僑との婚姻登載も不許可すると伝えられました。
最近中国を訪問した平壌居住ある華僑消息筋は“今は北朝鮮華僑らが現地住民たちと婚姻もできなくなった”としながら“当局でまったく婚姻登載を受け入れないため”とその理由を自由アジア放送(RFA)に明らかにしました。

それと共に消息筋は“婚姻登載をしないで同居形態で一緒に住むことはできるだろうが公式的な夫婦と認められることができないばかりか2世が生まれても住民登録を出来なくて,学校にも送れない”と話しました。

婚姻登載をしないということはすぐ華僑との婚姻を禁止するという政策だと消息筋は説明しました。

消息筋はそれと共に“当局が華僑との婚姻登載を受け入れない時点を正確に記憶できない”ながらも“張成沢粛清以後からのようだ”と付け加えました。

過去平壌に居住して中国に定着した華僑張某氏は“キム・ジョンウン政権になり、北朝鮮当局の華僑らに対する強い時と圧迫がぐんぐん激しくなった”としながら“北朝鮮に住んでいる華僑らは当局の最優先監視対象”と主張しました。

この華僑消息筋は“華僑と結婚して住んでいる北朝鮮国籍の配偶者らに簡単に渡した中国での謝辞旅行(親戚訪問)許可もこの頃には一切渡さないでいる”としながら“中国を行き来しながら,商売をして生計をたてる華僑配偶者らに対しても(保安当局が)ともすると召還している”と言及しました。

一方北朝鮮当局は金日成の時から金正日時代を経て,現在の金正恩政権に至るまで北朝鮮に居住する華僑らの婚姻に対する政策がますます否定的な方向に流れてきたことが把握されます。

金日成政権時は華僑らと北朝鮮住民たち間の婚姻に何の制約がないことはもちろんその2世らも両親の希望により中国または北朝鮮国籍を選択できました。

そうするうちに金正日政権時は婚姻自体は許諾するものの生まれた2世は無条件北朝鮮国籍で登載するように強制したし金正恩政権が入った以後には華僑との婚姻自体を防いでしまったもようです。

これで北朝鮮は自国民と外国人の婚姻を許諾しない地球上でめったに見ない閉鎖国家に残るようになりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿