お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2016年1月13日水曜日

北朝鮮リ・チュンヒ アナウンサー健在

 今回の水爆実験発表で、少なからぬ注目をひいたのが、李チュンヒアナウンサーだった。
 「口で銃を撃つ」などと評される彼女の独特のアナウンスぶりは、他の追随を許さないようだ。

以下のリンクはKBSテレビの報道、核実験後には、一時、人気記事のトップにもなっていた。

http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3211520

それでは朗朗たるアナウンスぶりを堪能しましょう。





 中国官営環球時報が6日北朝鮮朝鮮中央TVに登場して、4次核実験を公式発表したリ・チュンヒ アナウンサーに対して“喜寿の老将が登場して、響きがあって力強い声で発表した”と評価して目を引いた。

中国地震当局はこの日午前9時30分1秒北朝鮮で4.9級地震を観測した。中国言論は、核爆発の可能性があるといっせいに報道した。

その約2時間後、朝鮮中央TV重大報道を通して、核実験が公式発表された。


環球時報は、これは著名な北朝鮮のアンカーリ・チュンヒだと紹介した。

それと共に“原稿を読む時、北朝鮮の伝統服装を着たリ・チュンヒの語り口は響きがあって力強かったし、顔には自負心が感じられた”と評価して報道した。

環球時報は北朝鮮画報誌の2008年4月報道を引用して、リ・チュンヒの生活像を紹介した。

彼の家は平壌の美しい地域にあって、夫と二人の子供、嫁、孫娘と過ごすということだ。

それと共に現代式住宅と高級乗用車も与えられた。

リ・チュンヒは2006年北朝鮮核実験当時にも声明書を発表した。2011年12月17日金正日国防委員長が亡くなった時も黒い色服を着て登場した。

環球時報は“(6日核実験発表に)老将が出てきた”と紹介しながら“北朝鮮アナウンサー中、彼女の勢いが重大な便りを発表するのにぴったりなためだ”と解釈した。


一時後輩らに席を譲ったという観測もあったが今回健在を誇示したわけだ。

リ・チュンヒは中国国営CCTVの春節特集放送に出演して、アンカーの資質などについて話したこともある。

0 件のコメント:

コメントを投稿