お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2016年2月13日土曜日

開城工業団地の閉鎖は北朝鮮民心に影響

 韓国政府が、北朝鮮に科した「開城工団閉鎖」は、強い反発を呼んでいる。

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=300839

 韓国政府は北朝鮮の4次核実験と長距離ロケット発射にともなう対応で開城工業団地運営を全面中断した。
北朝鮮の核ミサイル開発を防いで国連安全保障理事会で決めた対北朝鮮制裁を履行する政府の実践的代案と解説される。


韓国定着3年目北脱出民朴氏は"開城工業団地が止まれば5万余人の北朝鮮勤労者らが働き口を失う。
ここで仕事をする北朝鮮勤労者らは普通労働者でなく一家庭の生計を責任を負った人々だ。

したがって開城工業団地操業中断は北朝鮮経済と住民たちに大きな経済的混乱と打撃を与える。

それだけでなく北朝鮮政権に対する住民の忠誠心まで退色させる。"と証言した。

"天安艦事件とヨンピョン海戦が起きた時,北朝鮮住民たちは開城工業団地に影響を及ぼすかと思って胸をしめつけられた。

当時住民たちは開城工業団地のおかげよく暮らすのになぜ度々北朝鮮政権は問題を起こすか、と韓国より北朝鮮政権をさらにののしった。

実際、開城工業団地で勤める労働者家族は月給で家庭維持をしたし,栄養価高い韓国チョコパイも味わうことができた。

ところで北朝鮮政権の度重なる核実験で開城工業団地が中断されれば住民たちの民心は自然に北朝鮮政権に対する願望と憎しみでみなぎる。"と伝えた。

北朝鮮住民たちは家族の中1人でも開城工業団地で仕事が出来る特権を享受するようになれば"いよいよおかゆ生活から抜け出すんだな"とすべての家族が安堵と喜びを表現するというほどだ。

それで住民はわいろを使いながらも,開城工業団地で仕事をしたがる。

開城工業団地は一言で北朝鮮勤労者らの死活がかかった生命の紐だ。

個性出身北脱出民崔氏は"開城工業団地勤労者らは月給より付随的に得る物(チョコパイなどの韓国のお菓子)らを通して,生活の助けを受ける。
勤労者が退勤する時間に合わせて、商売人が家ごとに歩き回りながら,その日受け入れた韓国物をお金を与えて買い入れる。"と証言した。

"こういう商売人らはどの家に誰が開城工業団地で仕事をするのか各々名簿を確保している。

このように開城で確保された韓国産物は北朝鮮内部に広まる。"と説明した。

以前には労働者らが農場で相対的に余裕を持てる農場を羨んだが,今は状況が逆転した。

農場に属した住民は農民という理由で開城工業団地で仕事をできない。

開城工業団地がある前開城住民たちは外部と断絶した生活を送ったので北朝鮮の人々さえ無視したという。

よっぽどでなければ開城の人々は中国お金とドルを使わないで北朝鮮お金だけ使ったという。

しかし今は開城工業団地で唯一使われるお金のドルの価値を知るようになったし今は世の中の便りにも最も敏感だという。

0 件のコメント:

コメントを投稿