お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2016年4月30日土曜日

“北SLBM搭載3,000トン急潜水艦2隻保有

K知識人連帯設立した‘北WMD監視センター’研究員暴露
“北SLBM搭載3,000トン急潜水艦2隻保有”
韓米当局公開した内容よりはるかに威嚇
チョン・ギョンウン記者プロフィール例|最終編集2016.04.27 16:12:09
http://www.nkis.kr/board.php?board=wmdpage&command=body&no=5


現在韓国と米国当局は、北朝鮮が日本海新浦項)基地で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とこれを搭載する潜水艦を開発中であると見ている。
だが最近北脱出した北朝鮮科学者が“北朝鮮はすでにSLBM搭載が可能な潜水艦を保有している”と明らかにして衝撃を与えている。

NK知識人連帯(代表キムングァン)は去る26日,ソウル,太平路プレスセンターで‘北朝鮮大量殺傷武器(WMD)監視センター設立と関連した説明会を開いて,最近北朝鮮の大量殺傷武器開発状況を公開した。
この席に出てきた北朝鮮国防科学院幹部所属北脱出者は“北朝鮮は2004年と2012年旧ソ連で独立した国から3,000トン急潜水艦を買い入れて,すでに建造されたと理解する”としながら北朝鮮がSLBM 4発を搭載できる潜水艦2隻をすでに保有中だと主張した。

わずか2年前に北朝鮮を脱出したというこの北脱出者は、“SLBM搭載潜水艦2隻は改造を終わらせて咸鏡南道,新浦市ボイラー工場に保管中であり,この潜水艦らは弾道ミサイル発射観4ケをそろえている”と説明した。

また他の北脱出者は“イランが2002年北朝鮮からミサイル10基を輸入した”という証言もした。

‘北朝鮮WMD監視センター’研究員らの証言のとおりならば,“北朝鮮SLBMは2020年になれば威嚇になる”と判断している韓米両国の評価は誤ったという意味になる。

韓米両国は2014年9月にも北朝鮮が新浦項一帯の潜水艦製造工場で2,000トン級以上の潜水艦を開発中である状態であり,最近にも北朝鮮がSLBM発射用潜水艦を‘完成’することはできなかったと評価した。

だが北朝鮮WMD監視センター関係者らの証言とおりならば,北朝鮮は屑鉄にちかい古いタイプのSLBM発射用潜水艦を買い入れた後,補修作業を終えて,すでに実戦配置したという意になる。
また一角で提起した“北朝鮮が旧ソ連製‘ゴルフ’級またはそれ以上のSLBM潜水艦を保有している”という主張が事実という意味もなる。

北朝鮮が公開したSLBM ‘北極星1号’という旧ソ連制R-27(ナトーコードSS-N-6)と非常に似ている。

このR-27ミサイルをのせる潜水艦は排水量2,700トンの‘ゴルフ級急潜水艦で垂直発射管3基を装着している。

米北朝鮮専門媒体‘38ノース’等が公開した,SLBM搭載潜水艦’の大きさ等で推察する時‘北朝鮮WMD監視センター’側が暴露した,北朝鮮潜水艦は排水量5,500トン級の‘ホテル’級や排水量9,300トン級に核推進潜水艦の‘ゴルフ’級である可能性は少ないと見られる。

0 件のコメント:

コメントを投稿