お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、拉致再調査、金正恩の健康、張成沢処刑、崔竜海失脚関係の韓国報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析、内容は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2016年5月30日月曜日

単独]高位北脱出者"崔竜海 息子3年前死亡...金与正 未婚正しい"

voa ニュースの独自記事。
韓国の情報機関の情報力を疑いたくなる記事ですね。
http://www.voakorea.com/a/3336090.html

2016.05.19 04:50
崔リョン年北朝鮮政治局常務委員の息子が3年前死亡したという主張がまた提起されました。
未婚の金与正の夫と誤って知らされたということです。
ペク・ソンウォン記者が報道します。
崔リョン年は娘2人と息子1人がいた息子は去る2013年1月死亡したと北朝鮮エリート出身北脱出者が明らかにしました。
高位幹部のお父さんと一緒に昨年始め北朝鮮を抜け出したこの北脱出者は18日‘VOA’に崔リョン解義息子が北朝鮮人民保安省ケガ車両に稚魚死亡したと理解すると話しました。
先立って日本の毎日新聞は去る2014年1月、崔龍海の息子が交通事故に遭い、シンガポール病院で巨額の治療費を払って、治療を受けた後回復したと報道したことがあります。
だがこの北脱出者は中国に石炭を輸出することをしながら崔龍海の息子の死亡の便りを人民保安省役人たちを通して,直接確認したし,すでに北朝鮮官僚らの間では広く知られた事実だと説明しました。
引き続き金正恩労働党委員長の妹金与正がまだ未婚で,崔龍海の息子や、外貨稼ぎ機関である39号室勤務者と結婚したといううわさは皆根拠ない話と一蹴しました。
先月12日北朝鮮を訪問した日本料理人藤本健二も金与正が崔龍海次男と結婚したという説が流布したのは誤報であり,独身という点を金正恩から伝え聞いたと明らかにしました。
この北脱出者は金与正が2012年2月宣伝煽動部政治行事1課課長に任命された後,2014年10月宣伝煽動部政治行事担当副部長で昇進したと話しました。
金正恩の現地視察と観覧,各種大会参加と関連した参加人員を選抜して席を配置するなど行事全般を組織して監督してきたという説明です。
したがって韓国言論に金与正が行事場所を思いのままに歩き回るように見られたことは行事組織と管理総指揮責任者として現場を管理監督するためだと付け加えました。
平壌の高位級子供らが通う学校らを経たこの北脱出者はまた自身の友人や後輩らが金与正と金日成総合大学を共に通ったとし,金与正が廊下をすぎるときは学生たちが皆よけてあげてエレベーターも共に使用できなかったと伝えました。
ただ同じ班学生たちだけは、金与正とエレベーターに共に乗って学校で一緒に生活したということです。
引き続き金正恩委員長の叔母の夫の張成沢が、金与正の恋愛相手を作ってやるために2012年9月金日成総合大学政治経済学部に6ケ月特集班を組織したと話しました。
このために金日成総合大学卒業生あるいは修士課程学生30人を選抜したのに,朝鮮人民軍に服務したし労働党員であり,背175cm以上の遵守した人物であってこそするという選抜条件があったという説明です。
この北脱出者はまた金正恩と李雪主の名前は、ジュオンだと明らかにした。
先立って2013年北朝鮮で金正恩と妻の李雪主に会った米国バスケットボールスターデニス ロッドマンは、正恩の娘名前が‘ジュエ’と話していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿