お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2016年5月12日木曜日

破格の出世 金与正

http://mbn.mk.co.kr/pages/news/newsView.php?category=mbn00006&news_seq_no=2877433

キャプチャ

201605102235371394_t_99_20160510231119

 

 

アンカーコメント】
金正恩の最後に残った血縁である金与正はは昨日(10日)の群衆大会でもしばしば登場しました。
金正恩の一挙手一投足をながめながらつましく補佐する姿でした。
金ミョンジュン記者が報道します。
【記者】
群衆大会途中少年団員から花を受ける金正恩.
金正恩はこの花を直ちにそばにいた金与正に渡します。
金与正は明るい表情で花を持ち上げます。
群衆大会中間中間,金与正はあたかも映画の中カメオのように突然登場して消えます。
金英南最高人民会議常任委員長が演説する時は後に走っていったり金正恩が対話をする姿を柱後から僅かにながめたりもします。
金正恩をつましく取りまとめるこういう姿は金与正地位を見せる大きい課題です。
実際に金与正は今回の党大会を通して,党中央委員会委員に選出されました。
「たとえ昇進されてはいないが29才という幼い年齢に委員になったということは42才に委員に上がった叔母金ギョンヒ事例を考慮する時,破格的です。」
金正恩の唯一の血縁の金与正は今後も注目を集めそうだ。

 

金与正の詳しい経歴は、私が書いた本にあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿