お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2016年5月7日土曜日

労働党、過去の党大会の内容 朝鮮新報より

【資料】歴代朝鮮労働党大会概要

第1回(北朝鮮共産党 中央組織委員会創立大会 1945.10.10~13)

  • 北朝鮮共産党中央組織委員会が結成
  • 党組織建設の経験と「祖国光復会10大綱領」に示された原則を、解放後の具体的実情に沿って発展させるための組織路線と政治路線をせん明
  • 民主主義人民共和国の創建、富強な自主独立国家の建設を基本的政治課題として提示

第2回(北朝鮮共産党 第2回大会 1948.3.27~30)

  • 党中央委員会活動総括報告において、党創建以後の党活動を全面的に総括・分析
  • 民族分裂の危機を回避し、祖国の自主的統一を実現するための方針を提示/南北朝鮮政党、社会団体代表者連席会議の開催を推進することを強調
  • 人民経済富興発展のための闘争において党の役割を高めるための課題を提示
  • 党隊列を質的に強固にすることを党建設の中心的課題として提示/思想活動の改善、党の組織的思想的統一の保障などに言及

第3回(1956.4.23~29)

  • 党中央委員会活動総括報告において、党の自主的立場と社会主義基礎建設の設計図を提示
  • 人民経済発展5カ年計画(1957~61年)において、社会主義基礎建設を完成させるための新たな方途を明示/中心的課題として、都市と農村における生産関係の社会主義的改造を終え、社会主義工業化の基礎を磨き、人民の衣食住問題を基本的に解決することを提示
  • 祖国の自主的統一のための具体的方案「祖国の平和的統一のために」が採択

第4回(1961.9.11~18)

  • 党中央委員会活動総括報告において、社会主義の全面的建設綱領を提示
  • 第1次人民経済発展7カ年計画(1961年~ ※66年10月の第2回党代表者会で3年延長を決定)の基本的課題として、社会主義制度に依拠して全面的な技術改造と文化革命を遂行し、人民生活を画期的に向上させることを提示。社会主義工業化を実現して人民経済の各部門を近代技術で装備し、全人民の物質・文化生活水準を決定的に向上することを提示

第5回(1970.11.2~13)

  • 党中央委員会活動総括報告において、社会主義工業化の勝利を宣布、思想・技術・文化の3大革命を促進するための課題を提起
  • 人民経済発展6カ年計画(1971~76)における基本的課題として、社会主義工業化の成果を強化・発展させ、技術革命を新たな高い段階に前進させ、社会主義の物質的・技術的土台をいっそう強固にし、人民経済のすべての部門で勤労者を重労働から解放することを提示/人民経済のすべての部門で技術革新運動を広範に展開して、重労働と軽労働の差、農業労働と工業労働の差を縮め、女性を家事の重い負担から解放することを、3大技術革命の課題として提示

第6回(1980.10.10~14)

  • 金正日総書記を、党中央委員会政治局常務委員に推戴
  • 党中央委員会活動総括報告において、「全社会のチュチェ思想化」を「朝鮮革命の総体的任務」として策定
  • 「社会主義建設10大展望計画」提示/社会主義社会にふさわしい強固な物質的・技術的土台を築き、人民の物質・文化生活を画期的に向上させること。人民経済の各部門で生産を速いテンポで成長させ、近い将来、年間①電力1000億Kwh、②石炭1億2000万トン、③鋼鉄1500万トン、④非鉄金属150万トン、⑤セメント2000万トン、⑥化学肥料700万トン、⑦織物15億メートル、⑧水産物500万トン、⑨穀物1500万トンを生産し、今後10年間に⑩30万ヘクタールの海面干拓をおこなうことを提示
  • 「高麗民主連邦共和国創立方案」を提案/北南双方に現存する思想、制度を維持したうえで、民族統一政府を設け、そのもとで双方が同等の権限と義務を担い、それぞれ地域自治制を実施する連邦形式の統一国家を提案。連邦国家形成の原則と方途、連邦国家の性格と機能、統一政府と地域政府の任務とその相互関係などを明示

0 件のコメント:

コメントを投稿