お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、拉致再調査、金正恩の健康、張成沢処刑、崔竜海失脚関係の韓国報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析、内容は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2016年7月25日月曜日

住民監視の新組織か?

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=317187

二重三重に監視するのは、権力側の不安の表れだろう。

金正恩、住民監視ために‘申告小組’新しく組織”
体制結束、住民監視、敵対勢力摘発など…小組党3~5人、全国数千ケ組織

金正恩を中心とする権力層が北朝鮮住民たちを監視するために新しい情報部員組織を構成、運営中だと‘自由北韓放送’が去る19日北朝鮮消息筋を引用して、報道した。
‘自由北韓放送’によれば、金正恩集団は最近全国的に‘申告小組’という民間人情報部員組織を運営中という。

‘自由北韓放送’と接触した咸鏡南道消息筋は“既存の同担当保衛駐在員が、民間情報部員らを中心に‘申告小組’という組織を新しく作った”と説明。“各小組は3~5人で構成されて、住民たちの動き、変化を細かく監視している”と伝えた。

この消息筋によれば、集落ごとに数十個の‘申告小組’があって、全国的には数千個の小組が活動中だという。さらに“過去にはある人民班に情報部員一人ずつをおいたのに今は一戸一戸が‘申告小組’に属している格好になった”と伝えた。

この消息筋は“去る5月末に新義州保衛部に逮捕された北脱出者もこの‘申告小組’により逮捕された”とし、“申告者は他でもない密輸を約束した人の処刑だった”と伝えた。

‘自由北韓放送’と接触した消息筋はこの‘申告小組’が6月初め、秘密警察である国家安全保衛部が‘忠誠心のしっかりした住民たちで小組を組織せよとの閣僚会命令により作られたが、刑務所で出所した人も含まれており、住民たちの非難が起きているという話もある。

0 件のコメント:

コメントを投稿