お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、拉致再調査、金正恩の健康、張成沢処刑、崔竜海失脚関係の韓国報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析、内容は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2016年9月23日金曜日

中国の影 北朝鮮制裁が効かない理由は? 米韓の研究所が報告書

韓米研究所“中企業,北朝鮮と核開発物質持続取り引き”
“中企業・個人・船舶など562ケ対象,北企業・機関と交易しながら‘制裁回避窓口’用意”

金カヨン記者| 2016-09-20 10:46

国際社会の高強度対北朝鮮協調の中で北朝鮮がこれ見よがしに5次核実験を強行できた背後で中国企業と個人が指定された。

韓国,牙山政策研究院と米国国防問題研究センター(C4ADS)は19日中国会社248ケ所と個人167人,船舶147隻などが国際社会の監視網を巧妙に避けたまま北朝鮮企業などと直間接的に取り引きしてきたと明らかにした。


特に核開発とミサイル材料で使われるアルミニウムやタングステンなどの物質まで北朝鮮に売ってきたこととあらわれて,波紋(波長)が予想される。


二つのシンクタンクがこの日発表した報告書‘中国の影’の中で(In China's Shadow)’は1年6ケ月間北朝鮮の貿易関連データを分析した結果を提示しながら“現在中国や東南アジア国家企業と合法的に貿易活動をする北朝鮮企業相当数が制裁対象企業の所有か系列会社などの形態”と発表した。


報告書はこれを“事実上‘制裁回避窓口’として悪用されている”と説明した。

報告書によれば,制裁対象目録に載った北朝鮮企業らが貿易を持続するために幽霊会社を設立したり段階別で別途の仲介人を雇用するなど制裁を回避する窓口を用意してきている。

報告書の原文はここにあります。

http://en.asaninst.org/contents/in-chinas-shadow/

0 件のコメント:

コメントを投稿