お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2017年2月5日日曜日

韓国最新 世論調査 文在寅独走

韓国のSBSが実施した大統領選挙民心世論調査結果,文在寅民主党前代表の独走が続き、安熙正・忠清南道知事支持率が上がったことが明らかになった。大きな情勢の変化がないかぎり、野党大統領が可視化してきた。

http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004024975&oaid=N1003967340&plink=TAGRECOMM&cooper=SBSNEWSEND


文前代表は他の走者らを圧倒した。

次期大統領適任者で誰が最もより良いと考えるのか尋ねました。

文在寅民主党前代表が29.8%で最も高かった。安熙正・忠清南道知事13.0,黄教安権限代行9.4,安チョルス国民の党前代表9.2,李在明城南市長8.9%でした。

ユ・スンミン正しい党議員2.7,孫鶴圭国民主権改革会の議長は1.5%でした。


SBS新年世論調査と比較すると,文前代表と2位圏との差が広がりました。
バン・キムン,チョン総長が消えた後,安知事が8.6%pでも上昇しながら,新しい対抗馬に浮び上がりました。

黄代行の場合,保守層の支持が目立ちました。

セヌリ党と正しい政党支持層を相手にした選好度調査で,42.4%が黄代行を選択したし,ユ議員は8.5%に終わりました。
黄代行を含んで,4人が正面対立する仮想対決をしてみました。

文在寅前代表が41%で最も先んじたし,黄教安13.2,安チョルス12.5ユ・スンミン6.4%でした。


ユ議員を抜いた三者対決では文在寅43.5,安チョルス15.4黄教安15%となり,黄代行の代わりにユ議員を入れたところ,文在寅42.6,安チョルス14.8,ユ・スンミン8.8%順でした。

三者構図では文前代表の代わりに安知事出しても民主党走者らが皆最も先んじました。


文在寅とユ・スンミン,進歩と保守両者構図では49.5対13.7%で差が大きかったです。

文在寅と安チョルスの仮想対決やはり46.6対19.7%で結果が大きく違わなかったです。


ただし,支持候補がなかったり知らないと答えた浮動層が多いということは変化の要素になることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿