お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、拉致再調査、金正恩の健康、張成沢処刑、崔竜海失脚関係の韓国報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析、内容は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2017年2月9日木曜日

韓国に相次いで最新鋭兵器投入 米国


韓国紙が、在韓米軍の動きを盛んに伝えている。

http://www.hankookilbo.com/v/d607fed5ea6c42fd96346caae6ec6227

http://www.hankookilbo.com/v/24aea1835fa74d90aa42d943128b1d73

i

i

米国の最新ステルス戦闘機F-35が10月韓国に初めて顔見せする。
朝鮮半島周辺国らが戦略武器を増強しながら,角逐を繰り広げる状況でどんな変化の要素になるのか注目される。

政府消息筋は7日“10月開かれるソウル国際航空宇宙および防衛事業展示会(ADEX)でF-35Aが試験飛行を繰り広げる予定”としながら“F-35Aの韓国導入に先立ち性能を確認する席になること”と話した。

政府は7兆4,000億ウォンを投じて,次期戦闘機事業で導入するF-35Aを来年から入れて2019年まで40台を実践配置する予定だ。
米国が先月から日本,岩国基地に順次的に配置しているF-35Bは垂直離着陸が可能な海兵隊用で,F-35Aは空軍バージョンだ。
ステルス性能をそろえて,レーダーに捕えられないで敵陣深々と侵入できるのが最大強力な点だ。

チョン・ギョンド空軍参謀総長は昨年国政監査で“次期戦闘機F-35Aが北朝鮮が最も恐れる武器体系になること”と自慢した。
したがってF-35Aの試験飛行は単純に導入に先んじた性能テストだけでなく北朝鮮に向かった警告メッセージも含んでいるというのが軍内外の見解だ。

2015年ADEX当時最強の戦闘力で評価された駐日米軍基地のF-22戦闘機が韓国に初めて飛んできて,威容を誇りながら,韓米同盟の確固たる防衛力を強調した前例がある。

特に中国が昨年末ステルス戦闘機殲-31の試験飛行を意図的に言論に露出しながら,F-35との戦略武器競争が加熱している。
製作会社の米ロッキードマーティンによれば現在210台のF-35が飛行中でこの中で117台がF-35A機種だ。
海外配置が完了したF-35Aはイタリア3台,イスラエル2台程度だ。

[単独]米,最新ステルス駆逐艦‘ズームワールト’朝鮮半島配置電撃提案

ヘリス太平洋司令官,メティス訪韓直前“済州基地に配置”提案

レーダー捕えられないで,生存性卓越,艦砲ミサイルなど強大戦闘力

米国がジェームズ メティス国防長官訪韓直前,最新ステルス駆逐艦‘ズームワルト(Zumwalt)’を朝鮮半島に配置しようと私たちの側に提案したことが確認された。
‘夢の戦闘艦’でも呼ばれるズームワールドは北朝鮮の核・ミサイル威嚇はもちろんで中国の太平洋進出を遮断できる先端武器なので政府当局は米側の電撃的提案を囲んだ真意把握を急いでいる。

中国の強力な反発に朝鮮半島がまた再び米中の覇権競争を刺激する可能性も排除できない。

政府関係者は5日“ヘリス米太平洋司令官が先月末私たちの側関係者らに会った席で‘ズームワールドを済州海軍基地に配置すればどうか’と提案してきた”と明らかにした。

この関係者はそれと共に“全く言及されなかった最新戦略資産だと意外だったが常時配置でも,循環配置でも私たちとしては拒む理由がない”と付け加えた。

ズームワールドは海上戦闘のパラダイムを変える艦艇に選ばれる。
ステルス形状を適用して,レーダーに捕えられないで隠密に接近できるのが最大強力な点だ。
遠い距離でミサイルを撃つイージス艦とは次元が違う。

また艦砲の交差点を3倍に増やしたし,ミサイルと航空機を光の速度で迎撃するレイザー砲を装着している。
2020年以後には音速の7倍で200kmまで弾頭を飛ばすレール件も搭載する。
軍関係者は“ズームワールドは弾道ミサイル防御に主力を注ぐイージス艦と別に陸海空の標的を積極的に無力化する攻撃的武器”と評価した。

米戦略資産の朝鮮半島配置に心血を注いできた国防当局立場ではひとまず‘敢えて願わない願望’という反応だ。
戦略資産は敵指揮部をはじめとする戦争遂行能力を一気に無力化する武器で,昨年北朝鮮が二度核実験を敢行した時,出撃したB-52・B-1B戦略爆撃機をはじめとして,空母,核潜水艦などが選ばれる。

国防部関係者は“米側が既に送らない他の資産を投じるのも朝鮮半島防御のために望ましいこと”と話した。
特にメティス長官の訪韓で最近成し遂げた韓米国防長官会談に先立ちハリス司令官がズームワールド配置を提案した事実が知らされながら,来月キーリゾルブ練習を起点として、米戦略資産が今後朝鮮半島に大挙投入されるという期待も大きくなっている。

昨年10月韓米安保協議会の(SCM)で‘戦略資産の常時循環配置’という文句が米側の終盤反対に共同声明から抜け出て3日開かれた韓米国防長官会談で両側はかろうじて米戦略資産の定例的展開または配置に合意した。

だがズームワールドを済州基地に配置しようという米側の提案は相当な論議もまた予告している。
中国の強力な反発が避けられない。
私たちの国民感情も民軍複合港に建設された済州基地が米軍の前哨基地で使われることに反感が大きくなれる。
国防当局は“戦略的に必要な場合済州基地に米国艦艇が入ってこれる”という立場だが,“ハリス司令官の発言は具体的なロードマップが決まらない即興的構想”としながらひとまず様子を見ている。

0 件のコメント:

コメントを投稿