お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、拉致再調査、金正恩の健康、張成沢処刑、崔竜海失脚関係の韓国報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析、内容は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2017年3月12日日曜日

ハンソルの役割は? 聯合ニュース

 

http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=100&cid=1058906&iid=1952332&oid=001&aid=0009100602&ptype=052

(ソウル=聯合ニュース)イ・ジョンジン記者=金ハンソルがこれからどんな役割をするようになるだろうか。
北朝鮮政権によって,殺害されたと見られる金ジョンナムの息子金ハンソルが去る8日ユチューブに掲示された動画を通して登場しながら,今後の歩みに関心が集中している。
お父さん金ジョンナムが先月13日マレーシア クアルラルムプル空港で殺害された後跡をくらました金ハンソルがユチューブを通すことで無事さを知らせた点に照らして,ひとまず安全は確保されたことで見なされる。

その間は身辺に対する憂慮のために生半可に出ることができなかったが,安全が確保された以上まず金ジョンナム暗殺事件の真相を暴くのに参加する可能性が提起される。

これと関連して,マレーシア警察が去る10日被殺者が金ジョンナムだと初めて公式発表,身元確認過程に金ハンソルの役割があったかも注目される。

マレーシア警察はその間与党上'キム・チョル'で表記された金ジョンナム死体の身元確認と引き継ぎのために遺族のDNA(遺伝子)サンプルが必要だという立場だった。

マレーシア警察が具体的な身元確認方法に対して口を閉じる中で一部では金ハンソルが郵便等を通して,マレーシア警察に自身の髪の毛などを提供する方法で自身が遺族であることを証明したのではないかという観測も出している。

お父さんの遺体を直接引き受けられなくても北朝鮮金正恩政権に金ジョンナム死体が渡されて,真実が永遠に埋められる状況は止めようとしたということだ。

金ハンソルは先立ってユチューブ動画で"私のお父さんは何日か前に殺害された"と話して,金ジョンナム殺害を'共和国公民と言い逃れる北朝鮮の主張を反論したという解釈が出てきた。

ある程度状況が整理されれば金ハンソルが北朝鮮政権批判活動に出る可能性も議論される。
マカオとヨーロッパなど海外で長い間生活した金ハンソルは本来から北朝鮮政権に対して批判的な見解を見せた。

彼はボスニア国際学校在学時代の2012年フィンランドTVとのインタビューで'金正恩がどのように金正日の後継者になったか'という質問に"その(金正恩)がどのように独裁者(dictator)になったのか知らない"と話した。
金正恩を独裁者と称したのだ。

金ハンソルはまた"私は統一を夢見る"としながら"いつか北朝鮮に帰って,住民たちが処した状況を改善したい"と話したりもしたのに,北朝鮮に入りはしなくても発言を実践に移そうとしないかという観測も出てくる。

'白頭血統'の一員の金ハンソルが金正恩を批判する声が北朝鮮住民たちに伝えられるならば少なくない波紋を呼び起こせる。
こういう象徴性のために北脱出団体などが金ハンソルに接近を試みることもできる。

先立って国際北脱出民連帯金ジュイル事務総長は亡命政府樹立のために金ジョンナムと金正日の異母兄弟の金平日チェコ駐在北朝鮮大使と接触を試みたと主張したことがある。

しかし先ずは隠れて過ごしながら,状況を見守るという観測も多い。
まだ22才の若い年齢の上にお父さんが殺害された状況でお母さんと妹の安全のためにも当分は表に出ないだろうと見なされるためだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿