お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2017年3月9日木曜日

金ハンソル映像…IP終着地は米サンフランシスコ 中央日報

'

http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=025&aid=0002692501&date=20170308&type=1&rankingSeq=7&rankingSectionId=100

中央日報が特ダネとして報じている。よく読むと結局ハンソルの居場所は分からないので、羊頭狗肉記事だが、まあ訳してみた。


マレーシアで暗殺された金ジョンナムの長男ハンソル氏の映像を公開した'千里馬民間防衛'に対する関心が高まっている。
国家情報院は8日,"動画の中人物は金ハンソルが合う"と確認したが'千里馬民間防衛'の正体は相変らず五里霧中だ。

千里馬民間防衛はウェブサイトを通して"脱出を望んだり情報を分けたい方を守って差し上げる"として"色々な北朝鮮の人をすでに助けてきた私たちはどんな代価も望まない"と明らかにした。

すでに北脱出と関連した情報を提供したり北脱出を直・間接的に支援したことがあるということだ。
だが統一部はこの日"千里馬民間防衛と関連して分かることではない"として"私たちが知っている団体ではないようだ"と明らかにした。

この団体に対する情報を持っていなかったのだ。

千里馬民間防衛ウェブサイトの修正記録を確認した。

確認結果,8日午前5時27分39秒に初めてで最後の修正がなされた。
ウェブサイトの製作および変更時期を確認できる'Way Back Machine'を通じて,千里馬民間防衛のウェブサイトを調べた結果,該当ウェブサイトは私たちの時間で8日午前5時27分頃初めて'変更事項'が感知された。
このウェブサイトの以前ヒストリーがないだけに金ハンソルの映像公開に合わせて,ウェブサイトを製作したと推定される。
千里馬民間防衛のユチューブ計上加入日時4日だと確認された。

映像がアップロードされた千里馬民間防衛のユチューブアカウントは4日作られたことが確認された。
ウェブサイトとユチューブ チャンネル皆金ハンソルの映像公開直前に作られたのだ。

取材陣は千里馬民間防衛ウェブサイトのIPを追跡した。

千里馬民間防衛ウェブサイトのIPを追跡してみるので所在地は米国,サンフランシスコだと確認された。
北米地域インターネット住所管理機構(ARIN)によれば該当IPの位置は米国,カリフォルニア州,サンフランシスコ タウンセンドゥが101番地で,ウェブ保安業者'クルラウドゥプルレオ(Cloudflare)'所有だ。

また,IP追跡過程に登場したウェブホスティング業者'テルストラ グローバル インターネット サービス ネットワーク ブロック(Telstra Global Internet Services Network Blocks)'米国支社のカリフォルニア事務所も近隣に位置していることが明らかになった。

だが千里馬民間防衛の根拠地が米国である可能性は希薄だ。

テルストラをはじめとしてIP追跡過程で登場したまた他のウェブホスティング業者A社など2ケ所を経るなど千里馬民間防衛は保安に格別に気を遣った姿だ。

千里馬民間防衛ウェブサイトのIPを追跡した結果,米国,カリフォルニア,サンディエゴ某所だと確認された。

専門家たちはウェブホスティング業者を経由した可能性が高いと指摘したし,実際住所を確認した結果、ウェブ関連業者の事務室だと明らかになった。

金スンジュ高麗大情報保護大学院教授は"千里馬民間防衛が読者サーバーを運営するのではなくウェブホスティング業者を利用したこと"としながら"千里馬民間防衛が米国に基づいた団体と決めつけることはできない"と指摘した。

それなら米国,サンフランシスコにIPをおいた千里馬民間防衛の実際活動基盤はどこであろうか。

該当ウェブサイトのウェブホスティング業者のテルストラはオーストラリアに本社をおいた業者で,主にアジア太平洋地域でのウェブホスティングを担当する。

この他にもテルストラを経る前段階で確認されたまた他のウェブホスティング業者A社やはり東アジア圏に基づいた業者だ。

だから,千里馬民間防衛が中国など東アジア地域を基盤で活動する可能性が高いという分析も出てくる。

0 件のコメント:

コメントを投稿