お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2017年4月9日日曜日

ホワイトハウス高位官僚“北朝鮮,中国の戦略資産でない悩みの種”

 http://www.voakorea.com/a/3797874.html

中国にとって北朝鮮は重荷でしかないという米国政府高官の発言。ここまで単純ではない気もするが、習近平もトランプがこの話題ばかりするのはおもしろくないだろうし、多少中朝間で動きが出るだろう。

以下翻訳

ホワイトハウス高官が米-中首脳会談を控えて中国に北朝鮮問題に対する協力を繰り返し促しました。
この官僚は北朝鮮が中国にどんな戦略的価値もないね,北朝鮮を圧迫するのが中国の理解に符合すると話しました。
ペク・ソンウォン記者が報道します。

北朝鮮はもう中国の戦略的資産でない悩みの種になったとマット ポティンジョ米ホワイトハウス国家安保会議アジア担当選任局長が明らかにしました。
[マット ポティンジョNSCアジア選任局長] “I think that North Korea long ago ceased to be s strategic asset for China.
It is now quite clearly a strategic liability.”

ポティンジョ選任局長は5日ワシントンの‘外信記者センター’で持った習近平中国国家主席の米国訪問に対する説明会で,中国が北朝鮮の威嚇を扱うのに米国と緊密に協力する姿を見たいとし,このように話しました。

北朝鮮の武器プログラムと毎週行う挑発,そして最も最近敢行したミサイル挑発を含んだミサイル発射など米-中二国が協力する領域があって,これが中国の利益に符合するという説明です。

[マット ポティンジョNSCアジア選任局長] “We would like to see China working closely with the United States to address the menace emanating from North Korea:their weapons programs,the provocations that we are seeing every week,missile launches including one that we just had not too many hours ago.
There’s an opportunity for that to be in area of cooperation.”

ポティンジョ局長は米-中首脳会談で‘セカンダリーボイコット’に対する議論がなされるのかと米国が実際にそのような制裁を適用するのか尋ねた質問に,首脳会談序盤で関連する対話があるはずだと確認しました。

[マット ポティンジョNSCアジア選任局長] “I will say that this is going to be an early topic of conversation during the summit”

ポティンジョ局長は首脳会談に先立ち米国の接近法を具体的に公開しないとしながらも,現状況は結局追加圧迫で帰結されることでただ中国さけが対北朝鮮経済制裁ができる。それだけに制裁問題は、いま動いている懸案だと話しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿