お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2017年5月18日木曜日

日本とは関係改善必要 RFA

金正恩が少女像作らせず

ほんとかいな。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/human_rights_defector/comfort_woman_statue_b-05172017091002.html

北朝鮮金正恩委員長が2016年‘中央階級教養館’開館に先立ち教養の広場に日本軍慰安婦少女像をたてるという労働党宣伝煽動部の提案を拒否したと複数の現地消息筋が明らかにしました。

金正恩がこれを拒否した理由は日本との関係改善を念頭に置いたためだと消息筋らは指摘しました。
11日咸鏡北道のある言論関係者は“昨年韓国動乱(朝鮮戦争)記念日をむかえながら,平壌に中央階級教養館が新しく開館された”として“当初中央党宣伝煽動部が中央階級教養館出入り口正面に日本軍慰安婦銅像をたてようとしたが金正恩がこれを中断させた”と話しました。
消息筋は“宣伝煽動部が銅像製作のためにあらかじめ作った慰安婦の形状図案数件を準備して,批准を受けようとしたが金正恩が制止した”として“むしろ中央階級教養館の展示場で日本軍の蛮行に関する資料を大量削除するように指示した”と付け加えました。
金正恩の指示で中央階級教養館は階級教養という趣旨が面目を失うように、米国を非難する資料だけ満たされたとし,このために宣伝煽動部で階級教養館という名称を反米教養館に変えなければならないことではないかという議論まであったと消息筋は説明しました。
これと関連して15日北朝鮮国境沿線のある司法府関係者は“宣伝煽動部の提案とは別途に国家安全保衛相だった金元弘も昨年金正恩に同じ提案をした”として“中国の慰安婦少女像建設動きと関連して,私たち(北朝鮮)が中国より一歩先に立って,少女像をたてるのがどうかと提案したと理解している”と話しました。
消息筋は“金元弘の提案に金正恩は慰安婦少女像問題は国家安全保衛省が関与することではない”として“国家安全保衛省は手段と方法をつくして,日本と韓国が国防と技術分野で協力できないように分離させなければならないという指示をした”と付け加えました。
消息筋はまた“金正恩は外貨資金を確保するために日本から過去植民地時代報償金を受けて韓国を孤立させるために日本との関係改善を強調した”として“そうしようとするなら不必要に日本を刺激することは止めなければならないという言葉までしたと伝えられている”と主張しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿