お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2017年8月31日木曜日

金正哲“北権力で排除されて‘個人楽団’活動…不安症傾向

韓国 国民日報の報道です。

http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0923807814&code=11121400&sid1=all

みんな不幸になっている。

キム・ジョンウン北朝鮮労働党委員長の次兄金正哲(36)が権力で徹底的に排除されたまま個人的に楽団活動だけ主にすることで30日知らされた。

国家情報院は金正哲が既に知らされた通り健康が良くない中で最近個人楽団活動に専念している。
情報委関係者は“金正哲が楽団関連活動だけするなど権力の中心から外されている”と伝えた。
金正哲は持病で健康もかなりよくないという。

李ビョンホ前国家情報院長は昨年10月国政監査で“金正哲が権力で疎外されたまま監視の中に生活しており,酒に酔って,酒のビンを破って乱暴を働くなど精神不安症状を見せている”と明らかにしたことがある。

国家情報院報告と高位級北脱出者らの伝言を総合してみれば、金正哲は‘監禁’まではいかないものの国家保衛省から警護を名目である厳重な監視を受けている。
政治活動から率先して遠ざかることで‘生存’を保証されている雰囲気だ。

2017年8月30日水曜日

金正恩に跡継ぎはいるのか?

北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の妻・李雪主が先日第3子を出産していたと韓国の国家情報院が明らかにした。ミサイルも心配だが、個人的には金ファミリーの内部問題にも関心があるが、これ以上の情報はないようだ。


最初の子供は2010年産まれの男の子との見方もあるものの、3人も産むところを見ると女の子の可能性もある。

息子なら、李雪主は、朝鮮のオモニとして、影響力を増すだろう。このまま息子がいない場合、金正恩一家に異変が起きる可能性もありそう。

李雪主については、私の本に詳しく書いてあります。

2017年8月22日火曜日

昨年8月公開活動10件…今年は15日報道後‘潜行’


朝鮮キム・ジョンウン労働党委員長の‘潜行’が異例的に長くなっている。
北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級‘火星-14の2回目試験発射以後米国と北朝鮮の間に軍事的緊張が高まったためと見られる。

今月に入り,金委員長の活動が北朝鮮媒体に公開されたのは、15日戦略軍司令部視察が唯一だ。
朝鮮中央通信など北朝鮮媒体は、この日金委員長が14日戦略軍司令部を視察しながらキムナッキョム司令官からグアム包囲射撃方案を報告を受けたと報道した。

これに先立ち北朝鮮の媒体はm金委員長が先月28日‘火星-14’2次試験発射を現地指導したと翌日報道した。
金委員長が先月30日‘火星-14’発射成功慶祝宴会に参加した事実も翌日報道された。

しかし金委員長は8月に入り、一切の活動を公開していない。
唯一戦略軍司令部視察事実を公開してまた潜行を継続している。
金委員長の去る7月公開活動件数は9件だった。

金委員長の公開活動頻度がこのように低いのは例年と比較しても突出している。

統一部が集計する‘金正恩公開行事動向’を見れば、昨年8月金委員長の公開活動は10件であり,2015年8月には9件だった。
金委員長は昨年1月と9月各々核実験をして2月長距離ミサイルを試験発射した時も公開活動件数には大きい変化を見せなかった。

金委員長が8月公開活動頻度を減らしたのは、最近ドナルド トランプ大統領をはじめとして,米国高位当局者らが軍事行動の可能性を言及して北朝鮮がグアム包囲射撃を予告し,北朝鮮・米間の緊張が最高潮になった影響と見られる。

つまり攻撃を警戒しているのだろう

2017年8月17日木曜日

党委員長はヘリ好き RFA

金正恩別荘のそばに新しいヘリコプター着陸場

http://www.rfa.org/korean/weekly_program/c704c131c0acc9c4-d558b298c5d0c11c-bcf8-bd81d55c/satellitenk-06142017150608.html

2017-06-14平安南道にある金正恩労働党委員長の別荘のそばに新しいヘリコプター着陸場が建設された。

その間北朝鮮は金正恩委員長の別荘に個人専用滑走路をたくさん作ったのに,今回はヘリコプター着陸場ができるのです。
金正恩委員長の家族や特権層のためだと見られるんですが,

“金正恩委員長が別荘に留まる間誰かがこちらを訪問する時,ヘリコプターを利用できます。
他の特権層のためのものであることもあります。”

飛行機を愛用する金正恩委員長の指向を考慮すれば今後もはやく移動できる個人飛行機の専用滑走路と一部特権層のためのヘリコプター着陸場などをずっと作ると予想されるんですが,このために北朝鮮住民の生活と全く関連なしで莫大な労働と資本が浪費されているという指摘も続いています。

米国の商業衛星が2017年4月2日に撮影した平安南道の人工湖の南風湖の姿です。
こちらは北朝鮮が先月21日,ジューン中距離弾道ミサイルの‘北極星-2型’を奇襲的に発射したところでも一ケ所で,
金氏一族の別荘があります。
これから金正恩労働党委員長がこちらをしばしば訪ねる見られているのですが,別荘がある所に新しいヘリコプター着陸場が作られました。

韓国の一部報道機関によれば金正恩委員長が普段ロシアで作ったMI系列大型輸送ヘリコプターに乗ってあちこちに行く分かったし,最近公開された非武装MD-500ヘリコプターは有事の際金正恩委員長の逃避用で利用されることと伝えられました。300px-Md_helicopters_md-500e_g-sscl_arp
一方,金正恩委員長は執権以後9個の個人専用滑走路を建設しました。

執権以後毎年2個ずつの専用滑走路を作ったもようですが,主に金正恩委員長の別荘がある所に作られるのです。

特に飛行機を愛用する金正恩委員長の指向を考慮すれば今後もはやく移動できる個人飛行機の専用滑走路と一部特権層のためのヘリコプター着陸場などを今後も作ると予想されるんですが,このために北朝鮮住民の生活と全く関連ない。莫大な労働と資本が浪費されているという指摘もされています。

2017年8月16日水曜日

在北朝鮮の中国企業に撤退命令か

筆者の友人で、中朝貿易を行っている人によると16日早朝から中国企業が北朝鮮から引き揚げを始めている。
中国政府からの指令だという。
北朝鮮内の設備も持ち帰っている。中朝国境の道は、中国企業のトラックの長い列ができている。
中国はすでに、国連の安全保障理事会で北朝鮮に対する新たな制裁決議が採択されたことを受けて、石炭など対象となる物品の北朝鮮からの輸入を15日から全面的に禁止すると発表しているが、より厳しい姿勢のようだ。

その後の報道によれば、北朝鮮からの海産物の輸入がストップされ、税関で足止めを食っているようだという。


0-02-06-ecb2972e082b84ccf3aae1724f6bd0fa597ee9b45ba575d3f52b23b6c139cb65_full

2017年8月10日木曜日

金正恩と一緒にタバコを吸う男 ミサイル開発のキーマン 李炳哲・党第1部長

北朝鮮の弾道ミサイルの発達は目を見張るものがある。この背景に、軍事専門家がおり、金正恩も彼らを重用している。
整理のために、韓国の報道を読んでまとめて見た。
北朝鮮ミサイル3人衆という人たちがいる。
ミサイルの発射実験にかならず同行し、金正恩と親しげに振る舞う人間3人である。
まず李炳哲と金正植、張チャンハだ。

労働党でミサイル開発を担当している李炳哲第1部部長が注目をあびたのは2016年8月北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験発射の時だった。

「리병철 담배 김정은」の画像検索結果

当時北朝鮮が開発した‘北極星1号’ミサイルが発射に成功して,金委員長は李炳哲と向かい合って座りタバコを一緒に吸うの姿が'労働新聞'に公開された。

download

24일 실시한 잠수함발사탄도미사일(SLBM) 시험발사 장면을 보며 김정은 당 위원장이 리병철 당 중앙위 제1부부장과 담배를 피우고 있다. [사진 노동신문]
[출처: 중앙일보] 北 조선중앙TV, SLBM 발사 하루만에 영상 공개

金正恩は老幹部らの口臭がひどいと叱責したことがあり、幹部たちは口を覆って対話をしている。

ところが李炳哲は、この時、金正恩の隣に座り、一緒にタバコを吸っていた。大変に信頼していることを示している。

李炳哲は空軍司令官出身で2010年人民軍大将に昇進した。

2012年には航空および反航空軍司令官を経て,党中央委員会委員に続き昨年5月党大会で政治局候補委員に選出されるなど、順調な出世街道を歩いている。昨年1月金正恩の視察報道で党中央委員会第1部部長になっていたことが確認された。
北朝鮮軍部で空軍を代表する人物中一人だ。

2014092602001_0

統一部が提供する北朝鮮情報ポータル サイトによれば李炳哲は1948年生まれで今年69才。1990年2飛行士団長を担当し軍部の核心人物となった。


以後1992年4軍中将に上がった李炳哲は2010年人民軍大将に昇進、2011年には金正日国家葬儀委員会の委員を歴任している。


shp_1418095128

조선중앙통신은2014。12. 8일 김정은이 공군 제458군부대를 시찰한 소식을 전했다. 이때 시찰에 동행한 사람을 호명하면서 리병철을 ‘노동당 중앙위원회 책임일꾼’이라고 밝혔다.


2012年には北朝鮮航空および反航空軍司令官職となり、約2年間職位を継続した。以後党中央軍事委員会委員と党中央委員会委員,最高人民会議第13期代議員,国防委員会委員などを兼任した。

李炳哲は2016年の5月に開かれた労働党7次党大会でも政治局候補委員に選出されている。

associate_pic2

서울=뉴시스】북한 조선중앙TV가 23일 오후 중장거리전략탄도로케트 화성-10 시험발사에 성공했다며 현장사진을 공개했다. 사진은 현지지도에 나선 김정은 노동당 위원장이 리병철 당 중앙위 제1부부장을 안고 있는 모습. 2016.06.23.(사진=조선중앙TV 캡쳐)  photo@newsis.com


「리병철 담배 김정은」の画像検索結果

중장거리탄도탄 미사일 '북극성 2형' 발사 전날 리병철과 함께 준비상황을 점검하는 북한 김정은 노동당 위원장의 모습 [연합뉴스 자료사진]


李炳哲は2016年の初め、北朝鮮の4次核実験成功を祝うための写真撮影で金正恩と共に姿を表わすなど、今年だけ7回も金正恩と同じ場所に姿を見せた。


人民軍戦略軍の弾道ミサイル発射訓練,弾道ロケット大気圏再突入環境模擬試験地図など軍事とする関連金正恩の公開活動に随行したことが確認されている。北朝鮮の空軍を代表する人物で位置を占めたという評価だ。

2017年8月8日火曜日

兵士は盗む (2

前回の続き

北朝鮮人民の生活より


物資がないのだから盗むのは当たりまえかもしれない。


人民軍兵士による盗み

北朝鮮の住民が生き延びるための生計型盗賊であるとするなら、人民軍隊は習慣的な盗賊である。命令に絶対服従を強いられれば、将校たちが兵士たちに何かを無条件で持って来いといえば、盗みをするよりほかない。

砲陣地を一つ構築しようとしても、セメントが無ければ「自力更生革命精神」を発揮して住民の家や工場企業所から建設資材を盗んだり、商品を盗んで市場に出して必要な物と交換する方法を採る。

将校から命令されれば盗みをしてでも命令どおり執行するよりほかない。人民軍隊の場合、国家的な大きな建設でないかぎり資材を供給する機関が無いためである。したがって、必要なすべての物は工場企業所と住民地帯を偵察して昼夜に関係なく盗みをする。甚だしきは、学校や病院にまで侵入して必要な物を略奪することもある。

兵士たちの栄養失調による衰弱は大きな問題とされ、その対策として衰弱した兵士を一定期間故郷の家に送り返して体調を整えさせたという

2017年8月7日月曜日

朝鮮人民軍は盗む 北朝鮮人民の生活(1

最近発売された本。北朝鮮の庶民生活に焦点を当てている労作だ。値段が張るのはしかたないか。

脱北者の手記を翻訳しているので、内容は金正日時代が中心である。

その中で朝鮮人民軍の盗みについてこんな記述がある。

人民軍兵士による盗み、
略奪および強盗行為もあちこちで見られる。
一九八○年代までの人民軍兵士による盗賊形態は、飢餓を遁れるための脱営軍人たちによる個別行動が大部分だったが、一九九○年代に入ると、人民軍の服務生活自体が盗賊や強盗に変わった。一般住民たちが飢えを避けるための盗みであったとすれば、人民軍は生活自体が組織的で習慣的な生活型盗賊に変わった。住民の財産を盗み略奪して食べて使うという生活気風が習慣化しているのである。良心の呵責も無い。住民たちがこれに対決できないいわゆる「キム·イルソンの軍隊」、「将軍様の戦士」という名を盾に公然と合法的な盗賊を行なうのである。


·体制が崩壊すればキム父子の財産が真っ先に略奪対象となる
キム·イルソンの銅像だけでも全国で三万五000余に達する。これに用いられる素材も高価な材料である。また、キム父子の「革命歴史研究室」は道、市、軍、職場、学校、公共機関、協同農場、企業所に数多く設置されている。そのカーテンは北朝鮮女性の下着数百着を作ることのできる高級生地である。その下着一つは買えば一五0-二00ウォンもする。七月一日の改善措置以前の労働者の二、三カ月の給与に当たる。

420p

金親子の銅像が壊されたり、盗まれるような事態になれば、体制が揺らいでいるということなのだろう。

しかし、一方で住民への徹底した監視システムもあるので、そう簡単ではない。


カバー

2017年8月6日日曜日

北朝鮮の新興富裕層 金主の実態

国家研究機関員がまとめた新興富裕層の暮らしぶり


北朝鮮財閥‘金主’らの生活

http://webzine.nuac.go.kr/sub.php?number=950


イ・ジュンニョク(国家安保戦略研究員研究委員)

最近北朝鮮には贅沢生活を楽しむ金持ちらが増加している。
米ドル5万ドル以上を保有した彼らは高級乗用車に三星TVをこっそりと入れて、高級プールや体育館に通ったりもする。


北朝鮮内携帯電話加入者数200万人を突破した中で、北朝鮮金主らは携帯電話が市場に発表される時ごとに新しく変えて通話料で平均100ドル以上(月極め額の150分を除外)をチャージして使っており、国境近所の人々はカカオトークを楽しんだりもする。
住宅にも変化がおきた。

1990年代に個人金主らが住宅開発事業に飛び込み始めたし、2000年代からはアパートを建設、分譲した後、その一部を機関に提供する方式の住宅建設事業を通して、新しく富を蓄積している。

国有化から私有化に変わっている北朝鮮経済と新興金持ちらの生活に対して調べてみる。

住民100人中2人は北朝鮮の‘金主’?

北朝鮮人口が約2、500万人という時、約2%に該当する50万人は1990年代以後生じた新興金持ちらだ。
彼らが平均5万ドルを所有していると仮定すれば何と250億ドルが個人手中にあることを推定することができる。
すなわち100人当り2人は金持ちであるわけだ。

北朝鮮の貨幣‘権力型・貿易型・商売型’で分れる北朝鮮金主ら

北朝鮮で金主出身を論じる時、自分の努力でなった人は平均70%、両親相続は30%と分析される。類型別には権力型、貿易型、商売型で分けられる。

権力型はわいろで富を蓄積する場合で、要人担当幹部、検察、住宅配分処、教育局長(特に大学推薦担当)、海外建設担当官、建設監督官(住宅敷地許可)、出入国管理国など主に権力を持った機関の勤務者らだ。

貿易型は各機関輸出入担当部署従事者らをはじめとして、外貨商店と食堂運営者、貿易代表部海外派遣勤務者、貿易監督・統制・承認担当官らだ。

商売型は小売りでない卸売商らだ。

自分の力で一家を成した市場商人らは平均2~5万ドルの資金を所有している。
彼らは中国国境線周辺で多い量の商品らを動かしながら安い価格に回転数を高めると同時に各地方にパートナーを定めて、範囲を拡張していく。

配給制が崩れて、自力で生存しなければならない統制不能の現実を機会にした‘頭良い人々’が職場を移しても貿易に飛び込んでお金になる資源輸出で富を蓄積しているのだ。
この他に麻薬などの危険な取り引きもなされている。

ドルさえ見れば石仏も笑う’

北朝鮮の資産形成は配給制が崩れた1994年から始まった。
特に苦難の行軍で数多くの餓死者が生じた90年代中盤からは‘お金が全てのものを決める’という認識が形成された。

以後市場経済おかげでその上に住民たちがお金を集めたが、2009年断行した貨幣改革により資金を国家から収奪されて、住民たちはこれ以上北朝鮮ウォンの価値を信じないで外貨を高く認識するようになった。

当局の粘り強い資本主義思想排斥教養運動にもかかわらず“ドルさえ見れば石仏も笑う”という‘金万能主義’が台頭しながら、生存のためには手段と方法を分けてはいけないという考え方が主流となった。

政府はお金の出処を問い詰めないと公式に発表したが、銀行取り引きをすればいろいろと足が付き、‘死の取り引き’と感じていた金主らにはすでに家が‘一番安全な個人銀行’になったのだ。

金主になろうとするなら信頼に基づいた対人関係が必要だ。
このように‘信頼に基づいた対人関係’を得ようとするなら結局権力を背負わなければならないという結論で帰結される。

北朝鮮式政経癒着

北朝鮮でも権力はお金を産む‘泉’だ。
金主らは、権力に利権をもらい富を積み上げる。
権力は金主らの能力を動かしてお金は権力の色を変化させるのが

北朝鮮式政経癒着といえる。
北朝鮮式政経癒着は体制の特性に合うように猛威を振るう。

その‘収奪’方法が非常に多様だが、例えば忠誠次元の上納金を出さなければ‘社会的動員’を名目で商売に支障を与える。
権力家らが党検閲で粛清されたり権力の2大軸の党と公安機関中1ヶ所に偏ればうまく行った金主らでも財産没収や銃殺にあうなど権力の犠牲物になってしまう。

社会主義社会では党の配慮の他に蓄積された富は、不法に形成された結果という法的論理に値するためだ。
労働党は“金がある人はお金で”と扇動していて、検察は“自分たちにカネをよこすか? 逮捕されるか?”という脅迫的な形態で上納を強要する。


‘お金は明るいところでは生まれない’という言葉は権力と金主らの能力が結びつく時でこそ、権力の味を感じて金主らは‘人生の光明’を迎えられるということを示唆する。


金主らが好む商品は韓国産だ。

金正日時代にはハングルだけ表記されても税関で取り締まりをしたが、今はTVや洗濯機、冷蔵庫など家電製品が入る時、商標を中国産に張り替えている。

使用説明書はそのまま入りながら‘韓国産でなく中国で組み立てて、韓国に売る’という話で安眠ある税関員らを軽く叩くのだ。
北朝鮮金主らの嗜好品は2000年代中盤にすでに日本を抜いて韓国産になった。

安保理決議の日誌 聯合



記録のために取って置きます

GYH2017080600030004400_P2_20170806120248524

北朝鮮の資金源遮断は困難

新しい安保理の北朝鮮制裁決議が採決された。
その効力については追って書きたい。

最近気になっているのが、脱北者から北朝鮮本国の家族に送られている金だ。

これがなかなか馬鹿にならない金額だという。

例えば、朝鮮日報が2016年に掲載した、脱出者アンケートによれば回答者200人中78%(156人)が北朝鮮内家族と定期的に連絡をやりとりすると答えた。

連絡方法は携帯電話音声(84.1%)が最も多かったし引き続き人を介した書信交換(19.1%)だった。

カカオトークなどSNSや携帯電話映像通話をするという回答者もいた。

’どれくらいしばしば連絡するか’という問いに回答者の59.6%が’1年に一回以上’と回答。’6ケ月に一回以上’ 17.9%,’3ケ月に一回以上’ 9.6%,’1ケ月に一回以上’も 9%であった。

毎週北朝鮮家族と通話するという応答も3.8%だった。

また回答者の71.4%は北朝鮮家族にお金を送ると答えた。
送金規模は1年に’100万~200万ウォン’が62.9%(90人)で最も多かったし’300万~400万ウォン’ 14.7%,’200万~300万ウォン’ 13.3%順だった。
1年に1000万ウォン以上送るという人もいた。
金氏は”中国人ブローカーにお金を送金すれば彼らが北朝鮮内華僑に連絡して,現地で手数料を離した金額を直ちに北朝鮮家族に渡す”と話した。

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/01/01/2016010100324.html?Dep0=twitter&d=2016010100324

今回の調査で北脱出者らの1人当り年平均送金額は164万ウォンだった。

20才以上北脱出者数(2万3539人)を考慮すれば国内北脱出者らが年平均約384億ウォン(約4億円)を北朝鮮に送っている。

この送金まで止めることは人道上できないだろう。

このように資金源を遮断することは簡単ではないのだ。

2017年8月5日土曜日

北朝鮮の貿易を3分の1に制限へ ロイター通信 国連安保理 5日にも採決へ


http://www.reuters.com/article/us-northkorea-missiles-un-vote-idUSKBN1AK1WX?il=0

連消息筋によれば4日米国が追加対北朝鮮制裁決議案草案を安全保障理事会15ケ理事国に回覧した。
またこの消息筋は米国が早ければ5日の採決を目指している。

ロイター通信は5日国連安保理外交官たちの話を引用して,今回の決議案草案が北朝鮮の輸出に強力な制裁を加えるのを目標にしていると報道した。

今回の決議案は北朝鮮の石炭と鉄,鉄鉱石,鉛,海産物などの輸出を禁止して,年間30億ドル輸出収益で1/3水準の10億ドルを縮小する内容を骨子とする。

それと共にロイター通信は匿名の外交消息筋がロシアと中国が決議案草案を支持することだと確信したと伝えた。このまま確定しそうだ。


この厳しい内容が実効性を持つか、北朝鮮の反発はどの程度になるかが焦点になる。


決議案が採択されようとするなら賛否採決で米国と英国,フランス,中国,ロシアなど安保理5ケ常任理事国の全員一致賛成が必要だ。

国連安保理は先月4日北朝鮮のICBM級‘火星-14型’試験発射に対応するために会議を招集して追加制裁議論に入ったが1ヶ月の間結果を出せずにいた。

2017年8月4日金曜日

北朝鮮"2005~2016送還された女性6473人...大部分処罰されていない" 北朝鮮が発表 VOA

10年間で6000人もの女性が送り返されている。もっと多くの人が脱出していだろう。北朝鮮はこの現状を恥じるべきだろう。

2017.8.4

https://www.voakorea.com/a/3971119.html


2005年から昨年まで北朝鮮を脱出して送還された女性は6千余人だと北朝鮮当局が明らかにしました。
北朝鮮は彼ら大部分を処罰しなかったと主張しました。
イ・ヨンチョル記者が報道します。

北朝鮮は去る2005年から2016年間有効な旅行許可なしで海外に出て行って送還された女性数が6千473人だと明らかにしました。

北朝鮮は国連女性差別撤廃委員会が来る10月実施する北朝鮮に対する国家審議を控えて最近委員会に提出した答弁書でこのように明らかにしました。

北朝鮮が北脱出後また送還された女性らの規模を直接明らかにしたことは非常に異例なことです。

北朝鮮はこの答弁書で彼ら女性らが北朝鮮で送還された後,大部分の人々が北朝鮮を離れる当時体験した経済的困難のために,あるいは人身売買団体らの陰謀の犠牲者として不法的に国境を越えたことが明らかになったと明らかにしました。

それと共に,これに伴い彼女らは、どんな法律的処罰のなく,今は皆安定した生活を享受していると主張しました。

北朝鮮はまた送還された女性らの中で処罰を受けた人は33人とし,彼らは海外滞留中殺人未遂と麻薬取り引きなど重大犯罪にかかわった人々だと付け加えました。

北朝鮮のこのような主張は国際社会が把握している内容とは違ったのです。


国連北朝鮮の人権調査委員会は最終報告書で,北朝鮮当局に強制送還された人々は、殴打と顧問など非人間的待遇が行われる指摘しました。

特に女性らには性暴行まではばからなくて,身ごもったまま送還された北脱出女性らは普通強制的に堕胎されながら,送還された女性が産んだ嬰児らも殺害されると,報告書は明らかにしました。

米国務部は今年3月発表した北朝鮮の人権報告書で,北朝鮮で送還された北脱出者らは投獄など苛酷な処罰を受けるとし,北朝鮮政府がすべての越境者を刑務所または教化所に収監する政策をずっと施行中であることが分かったと明らかにしました。

2017年8月3日木曜日

北脱出者今年上半期タイ入国急増”


この現象は、多分中国内の取締強化と関係あるのだろう、


yangs@rfa.org

http://www.rfa.org/korean/in_focus/human_rights_defector/ne-sy-08012017134513.html



2017-08-0
今年上半期北脱出者のタイ密入国が急増したとロイター通信が1日バンコク発で報道した。

タイ移民当局資料を引用して,2016年タイに到着した北脱出者は皆535人だったが,2017年上半期6ケ月の間すでに385人の北脱出者がタイに密入国したと伝えた。

匿名を要求したタイ管理は、タイ北側国境にだけ最近一週間に20~30人の北脱出者が密入国する傾向だと話した。
だがタイで密入国する北脱出者が増えた比率にくらべ、韓国に入国する北脱出者は増えないと知らされました。

2017年上半期韓国に定着した北脱出者は総593人で例年とほぼ同じだ。専門家たちは北脱出者の韓国入国経由地でタイが占める比率がさらに高まったと分析しています。

2017年8月1日火曜日

中国が北朝鮮問題の責任を取らない理由 自分たちも核に脅されてきた。


 北朝鮮の核、ミサイル開発をめぐり、中国は「アメリカの責任だ」と主張している。
 身勝手な言い分だと思うかも知れないが、歴史的には真実が含まれている。そしてこの理屈は、現在の北朝鮮とも共通する。「アメリカのせい」というのは、自分たちの核開発でも同じ思いなのである。


 中国は「核兵器は、自国の独立を最終的に保障するための不可欠の手段」と考え、1950年代の中頃から、真剣な核戦略にかんする内部議論を続けている。


 中国政府は朝鮮戦争(1950-1953年)の直後から、自主的な核抑止力を構築することを真剣に考慮した。朝鮮戦争の最中、マッカーサーは中国を核攻撃することを提唱し、計26発の核兵器を使用する計画も立てた。


 1952年の大統領選に勝利したアイゼンハワーも、「停戦に応じなければ米軍は核を使う用意がある」と中国政府を脅して、朝鮮戦争の停戦交渉を行った。(ちなみにケネディ政権も1963年、中国がインドを攻撃した場合、アメリカが中国を核攻撃することを、真剣に討議していた)。


 中国は、米国の姿勢い強い危機感を抱いた。

 核兵器製造計画は、1950年代中頃に開始された。57年にソ連は中国の核開発を援助する約束をしたが、59年には態度を豹変させ、中国の核計画に真っ向から反対するようになった。
 
 このころから米ソ両国は、核兵器独占主義の意図を露骨に表明し、同盟国の自主的な核抑止カ獲得努力を妨害するようになった。

 米ソ両国にとっては、同盟国が核を持てず、核武装国からのニュークリア·ブラックメールに屈服せざるをえない状態に置いておくほうが、米ソの覇権維持に便利だからである。

 1963年、中国政府のスポークスマンは、「たとえ100年かかっても、中国は原爆をつくる努力をする。中国はソ連指導者の指揮棒に向かって頭を下げることはない。アメリカ帝国主義の核恫喝の前で土下座することもない」と語っている。

 中国外交部長の陳毅という人物はこのころ「中国人はたとえズボンをはかなくても核兵器をつくってみせる」と決意を表明した。

 実際に中国は、核兵器製造の努力を続け、1964年に最初の原爆実験に成功した。これは東京五輪の開催期間中であった。

 66年に最初の核ミサイルを完成し、67年には水爆実験にも成功した。

 中国は70年に人工衛星打ち上げに成功して中距離弾道ミサイル製造能力を持つことを世界に誇示し,80年には大陸間弾道ミサイル(ICBM)を製造し始めた。84年には、潜水艦から発射する核ミサイル(SLBM)の実験に成功している。
 
 北朝鮮は中国がたどってきたプロセスを10年ほどで実現している。中国は、「アメリカの核の恫喝に対抗して、核開発をしている」という北朝鮮の論理を批判できないのだ。
 
 中国の核開発の理由は4つあるという。「中国の『核』が世界を制す」(伊藤貫著)
 以下この本から抜き出してみる。
 

①アメリカとソ連(ロシア)は核武装した覇権主義国家であり、中国がこれら2国を牽制するために、自主的な核抑止力は不可欠である。自主的核抑止力なくして、中国の自主独立はありえない。現在の国際社会で自主的な核抑止力を持たない国は、真の独立国として機能できない。

②1958年以降、ソ連は中国の核兵器開発に反対するようになり、「中国はソ連の核の傘」に依存すればよい。中国が独自の核抑止力を構築する必要はない」と主張してきた。しかしこの「核の傘」という軍事コンセプトは、実際には機能しないものである。たとえアメリカが中国を先制核攻撃した場合にも、ソ連がそれに報復するためアメリカに核ミサイルを撃ち込むことはありえない。米ソ両国は、同盟国を守るために核ミサイルの撃ち合いをするような愚かな国ではない。ソ連政府が中国に提供するという「核の傘」は、ソ連の利己的な核兵器独占状態を維持し、非核の中国を、核武装したソ連の国家意思に従属させようとする覇権主義的トリックにすぎない。


③1950年代から70年代までの中国は貧しく、中国が、限られた予算を使って米ソの軍事力に対抗する国防力を得るためには、通常兵器に投資するよりも核兵器に投資したほうが、はるかに高い投資効果を得られる。通常兵器に1 00億ドル投資しても中国は米ソからの先制攻撃を抑止できないが、核兵器製造に100億ドル投資すれば、中国は米ソからの先制攻撃を抑止できる。


④現在の国際社会で真の発 言権を持っているのは、核武装国だけである。核兵器を持たない国は、核武装国に恫喝されれば屈服するしかないから、真の発言権を持てない。中国が現在の国際社会で真の発 力を得ようとするならば、自主的な核抑止力を持たなければならない。
  
 中国政府は、日本政府からの批判をまったく相手にしなかった。日本政府は「中国の行動は、核不拡散の流れに逆行するものだ」と批判したが、「米国の核の傘に入っている日本に中国を批判する資格はない」と反論した。


 中国は半世紀がかりで「米露の核戦力に対抗できる自前の核戦力を構築する」という努力を続けている国である。75年がかりで、「2020年代に米国勢力をアジアから駆逐し、中華勢力圏を確立する」という国家目標を追求しているのだ。

 中国は現在数千基の核ミサイルを保有しているとされる。移動式の多弾頭,核ミサイルに載せるための小型の高性能核弾頭設計技術をアメリカから盗んだとされる。

 1999年の連邦議会の報告書によれば、中国のスパイは70年代末に小型の中性子,核弾頭の設計技術をローレンス·リバモア核研究所から盗んだ。さらに80年代の後半期に、米国のもっとも優れた核弾頭設計技術を、少なくとも6種類盗んだとされている。