お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2017年8月31日木曜日

金正哲“北権力で排除されて‘個人楽団’活動…不安症傾向

韓国 国民日報の報道です。

http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0923807814&code=11121400&sid1=all

みんな不幸になっている。

キム・ジョンウン北朝鮮労働党委員長の次兄金正哲(36)が権力で徹底的に排除されたまま個人的に楽団活動だけ主にすることで30日知らされた。

国家情報院は金正哲が既に知らされた通り健康が良くない中で最近個人楽団活動に専念している。
情報委関係者は“金正哲が楽団関連活動だけするなど権力の中心から外されている”と伝えた。
金正哲は持病で健康もかなりよくないという。

李ビョンホ前国家情報院長は昨年10月国政監査で“金正哲が権力で疎外されたまま監視の中に生活しており,酒に酔って,酒のビンを破って乱暴を働くなど精神不安症状を見せている”と明らかにしたことがある。

国家情報院報告と高位級北脱出者らの伝言を総合してみれば、金正哲は‘監禁’まではいかないものの国家保衛省から警護を名目である厳重な監視を受けている。
政治活動から率先して遠ざかることで‘生存’を保証されている雰囲気だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿