お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。コメントは実名以外受け付けません。

2017年10月11日水曜日

81歳の経済官僚を復帰させる 北朝鮮

朝鮮労働党の中央委員会総会で、28歳の与正氏が政治局員候補に選出された。この話題が取り上げられているが、もう1人注目を浴びている男がいる。
太鐘洙だ。咸鏡南道の党委員会責任秘書時代、2・8ビナロン連合企業所と竜城機械連合企業所を回復させた功績により、朝鮮労働党中央書記局書記および政治局候補委員に昇進した経済官僚で、金正日と訪中したこともある。2007~2009年北朝鮮内閣副総理だった。
1936年生まれで今年81才になる。金正恩はこの男を労働党中央委員会副委員長に電撃任命した。

북한 정치국 위원에 임명된 태종수

国家安保戦略研究院は11日「北朝鮮労働党7期2次全員会の特徴分析」という題名の資料をメディアに配布し、太鐘洙の復帰を‘制裁対応と経済建設のための布石’ ‘専門経済官僚の重用’と分析した。

韓国の国民日報によれば、太はいわゆる‘苦難の行軍’時期にヨーロッパの企業が北朝鮮に合作投資を推進した。
北朝鮮の工場を現代化して,生産性を高める事業だったが、太が反対した。結局合作はうまくいかず、金正日が太を絶賛したという。

0 件のコメント:

コメントを投稿