お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2018年1月15日月曜日

モランボン楽団に入るには

http://heraldk.com/2015/12/11/%E5%8C%97%EA%B1%B8%EA%B7%B8%EB%A3%B9-%EB%AA%A8%EB%9E%80%EB%B4%89%EC%95%85%EB%8B%A8-%EC%9E%90%EA%B2%A9%EB%AF%B8%EB%AA%A8%E3%86%8D%EB%AA%B8%EB%A7%A4-%EA%B8%B0/

ソウルでモランボンが講演すれば相当人気が出そう。

北ガールズグループ’牡丹(モラン)峰楽団資格…‘美貌・体格基本’背165㎝・体重50㎏

‘選抜基準厳格’恋愛・結婚時退出…労働党主管・選抜
“来年2~3月日本公演推進…北朝鮮-日本関係改善考慮したように”

中国,北京公演を契機に大陸で人気集めに乗り出した‘北朝鮮版ガールズグループ’牡丹(モラン)峰楽団団員らはどんな過程を経て選抜されるのかどうかに関心が集まっている。

 北京の文化・芸術を象徴する国家大極院オペラハウス舞台で12日午後初めての中国公演をする牡丹(モラン)峰楽団に対してその間疎遠になった北朝鮮-中国関係を改善する媒介体になるという期待感のために‘牡丹(モラン)峰外交’という言葉まで出てくる。
北朝鮮版少女時代で呼ばれる牡丹峰楽団は2012年金正恩国防委員会第1委員長が直接指示して,創立された。
金委員長の夫人李雪主が楽団結成を主導したと知らされている。
天の川管弦楽団声楽家出身の李雪主は2012年7月牡丹(モラン)峰楽団試験公演で大衆の前に初めて登場した程にこの楽団運営に深く介入した。

特に7人の歌手と10余人の楽器演奏者で構成された楽団メンバーを選抜する過程で‘居間の女王様’李雪主意見が積極的に反映されたとのことが北朝鮮専門家たちの主張だ。

このために団員選抜基準も非常に難しいと知らされた。

北脱出者らは“(地位と役割などで推し量ってみる時)労働党宣伝煽動部が新入団員を選抜して既存の団員に対する教育および評価も責任を負うと見られる”と話した。

幼いころから英才コースを踏んだ団員大部分は北朝鮮の芸術家を養成する最高教育機関の金星学院と平壌音楽舞踊大学出身らで構成された。

北朝鮮は毎年一回ずつ芸術家らを対象に実記と理論試験を通して,1級から6級まで級数を付与しているのに1級の未婚女性を対象に選抜作業に着手するという。

以後厳格な身分照会と実記テストなどを経て,牡丹峰楽団に名前を上げるようになるのに選抜基準と過程は徹底的にベールに包まれている。

牡丹(モラン)峰楽団に入ろうとするなら何よりずば抜けた美貌,音楽的才能,背が高くスマートな体つきなどが必須条件という。

身長165㎝,体重50㎏基準に至らなければいくら音楽的才能が優れても脱落の苦杯をなめる事例が茶飯事という。

2012年試験公演以後‘牡丹(モラン)峰トリオ’で有名税を享受したリュ・ジンアとラユミは功績受勲芸術家称号を受けて今回の北京公演にも参加するなど北朝鮮住民たちに人が高い。

楽団活動中恋愛や結婚も禁止すると分かった。
もし男こっそりと恋愛して摘発されたり結婚をすれば楽団から追い出されるように規定さ

れているという。
電子バイオリンを引き受けたソン・ウヒャン白い周辺の引き止めにも人民軍将校と熱愛に抜けたせいで結局退出されたと伝えられた。
金委員長が平壌から北京まで列車を利用しろと指示した程に配慮を惜しまないのは牡丹(モラン)峰楽団を‘強い大国建設の一番ラッパ吹奏者’で活用しているためだ。

北朝鮮は中国公演に続き日本公演も推進中のことが分かっている。

すでに日本側と来年2月または3月に東京で公演の可能性を議論中であることが分かった。
中国との関係改善試みに続き北朝鮮-日本関係改善も念頭に置いたのではないかという分析が出てくる。

アンチャンイル世界北朝鮮研究センター所長は“北朝鮮が牡丹(モラン)峰楽団の海外公演を通して,中国,日本などと関係を改善しようとする動きを見せている”としながら“誰でも楽しめる芸術公演であるだけに相手方の拒否感も少なくて,関係を解くのに適格”と話した。

0 件のコメント:

コメントを投稿