お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。コメントは実名以外受け付けません。

2018年4月23日月曜日

[ニュース分析]北,核・ICBM開発凍結宣言… '金正恩非核化'意味は? 世界日報

http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=022&aid=0003267671&date=20180422&type=1&rankingSeq=8&rankingSectionId=100


核試験場廃棄宣言の受け取りは様々だが、ICBMの完成はまだなので米国が喜ぶのは当然だとの指摘は、納得できる。ただし、完全なだましのテクニックとみることも難しい。

こういう提案は会談の中でやれば、衝撃が大きいはずだが、あえて国内外に宣言した。それなりに切迫した理由があるとしか思えない。


北朝鮮が去る20日平壌で金正恩労働党委員長主宰下に党中央委員会第7期第3次全員会議を開催したと労働党機関紙労働新聞が21日報道した。

金正恩北朝鮮委員長が核武力・経済建設並進路線で経済建設総力路線に転換しながら,核・大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発凍結を宣言したが核保有国主張は事実上維持した。

朝鮮労働党中央委員会は20日第7期第3次全員会議で核実験・ICBM発射試験中断および北部核実験場(咸鏡北道ブンゲリ核実験場)閉鎖などを骨子でする新しい決定書(‘経済建設と核武力建設病気進路では(路線)の偉大な勝利を宣言することに対し’)を全員一致で採択したと朝鮮中央通信が21日報道した。

労働党は決定書を通して
△核兵器兵器化の信頼できる実現厳粛明言
△核・ICBM試験中断および北部核実験場閉鎖
△核実験中止は世界的軍縮のための主要過程であり,核実験全面中止のための国際的努力に結集
△核威嚇がない限り核兵器不使用および核兵器・技術移転
△経済と人民生活の画期的向上に戦力集中
△周辺国および国際社会との連係・対話積極化

を宣言した。

決定書採択全員一致金正恩北朝鮮委員長等朝鮮労働党中央委員らが20日開かれた党中央委第7期3次全員会議で右手を聞いて,核実験・大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射中断と経済建設総力路線を宣言した決定書採択に全員一致で賛成している。

主席団左側から党政治局常務委員の金英南最高人民会議常任委員長,金委員長,崔リョン年党中央委副委員長,パク・ポンジュ内閣総理.
ファン・ビョンソの席は片づけられないで空席で残っていて,完全に粛清されないでいると見られる。

金委員長は報告で“核兵器兵器化完結が検証された条件で今は私たちにそのどんな核試験と中長距離,大陸間弾道ロケット試験発射も必要なくなったし,これに伴い北部核試験場も自らの使命を終えた”と明らかにした。

引き続き“私たちの党の病気進路船が偉大な勝利で結束になったように経済建設に総力を集中するところ対する新しい戦略的路線も必ず勝利すること”と強調した。

北朝鮮発表は北朝鮮非核化と一緒に終戦宣言・平和体制構築問題などを議論する南北および北朝鮮・米首脳会談を控えて肯定的雰囲気を作った。

大統領府ユン・ヨンチャン国民疎通首席は“朝鮮半島非核化のための意味ある進展”としながら“近い将来ある南北首脳会談と北朝鮮・米首脳会談の成功のため非常に肯定的環境を作るのに寄与すること”と明らかにした。
ドナルド トランプ米国大統領は21日(現地時間)ツイーター上に“北朝鮮と全世界に非常に良いニュースで大きい進展”と歓迎した後,22日ツイーターでは“北朝鮮に関する結論を下すまでは遠い道が残っている”と明らかにした。

22日訪韓したソンタン米国国務省東アジア太平洋担当次官補代行も“非常に肯定的(positive)”といった。

北朝鮮の核・経済並進路線で経済建設総力路線に転換はひとまず進展で見られる。
北朝鮮は核開発と関連して,制度的,政策的に三つ動力を持っていた。

2012年憲法の核保有国地位挿入,2013年3月党中央委第6期第23次全員会議での核・経済並進路線採択,2016年5月党大会での核保有国と恒久的な核・経済並進路線を核心とする党規約採択がそれだ。

北朝鮮非核化に懐疑的な人々はこの三つ事例を例にあげながら,否定的立場を堅持してきたという点で北朝鮮の路線変化とプンゲリ核実験場閉鎖措置は肯定的評価を受けられる。

特に北朝鮮のICBMが大気圏再進入技術未確保などの理由でまだ完成段階に至っていない状態で北朝鮮がICBM追加試験発射中断を宣言したことは北朝鮮・米対話にも影響を与える展望だ。

鄭成長世宗研究所統一戦略研究室長は“北朝鮮がこれからICBM試験発射をしないということは米国に大きい威嚇と見なされる北朝鮮のICBM能力完成をあきらめるという意味と解釈される”として“金委員長のこのような宣言は米国行政府に非常にうれしい便りにならなくなれない”と分析した。

北朝鮮が核保有国という表現を使わなかったが事実上核保有国地位主張を継続したことは今後北朝鮮非核化過程が順調でないことを予告する部分だ。
労働党は決定書で“核兵器兵器化を信頼できるように実現した。

核試験中止は世界的な核軍縮のため重要な過程”と明らかにした。

‘核兵器化の実現’と‘核軍縮’を言及したことは核保有国の地位で核軍縮会談に出るという北朝鮮の従来の立場で大きい変化がないことで解釈することができる。

反面韓・米はCVID(完全で検証可能で,復帰不可能な非核化)が目標であることを明確にしている。

柳ホヨル高麗大統一外交学部教授は“決定書を見れば核武装力放棄や非核化意志は探せなくて現在までのところは核・経済並進路線の第2期で進入するという宣言だけ”としながら“北朝鮮が非核化に入る時まで生半可に制裁の城壁を崩すことがあってはならない”と話した。

0 件のコメント:

コメントを投稿