お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2018年6月10日日曜日

北朝鮮の代表団、中国機でシンガポール行きか? KBS

http://v.media.daum.net/v/20180609211615835

北朝鮮は中国とアメリカをうまく利用している。


北米首脳会談が三日先に迫った中でトランプ米国大統領と金正恩党委員長が明日(10日)シンガポールに到着します。
これに先立ち今日(9日)午前北朝鮮平壌で旅客機一台が離陸して,シンガポールまで飛んで行ったことが確認されました。
中国国際航空所属なので中国が提供した飛行機と見られるのに,誰が乗ったのかはまだ確認されないでいます。
首脳会談議題を議論する北朝鮮実務陣が乗った可能性が提起されています。
朴ソクホ記者です。
[リポート]
今日(9日)午前7時4分頃平壌で旅客機一台が離陸しました。
この旅客機は中国,北京とベトナム上空などを経て,午後4時22分シンガポールに到着したと情報消息筋が明らかにしました。
旅客機方名を確認してみるのでエアーチャイナ,中国国際航空所属です。
機種はエアバスA330,乗客250余人を乗せられる中長距離用旅客機でした。
この旅客機に誰が乗ったのかはまだ確認されないでいます。
今日(9日)平壌を出発したパルラクリシュナンシンガポール外相は北京に立ち寄って,6時間以上留まったので搭乗の可能性がありません。
だから北朝鮮の崔ソンヒ外務省副相など北米首脳会談議題を議論する北朝鮮実務陣が(受ける)乗った可能性が大きいです。
平壌シンガポール間路線は永らく利用されなくて今日(9日)運航は電撃的な措置として受け取られています。
これと関連して,高位外交消息筋は中国が北米首脳会談と関連して,北朝鮮に旅客機を支援すると知っていると伝えました。
これに伴い明日(10日)金正恩委員長が本人の専用機に乗るのか,でなければ中国旅客機を賃借りする方式で利用するのかに対しても関心が大きくなっています。
こうした中、中国国際航空が北京平壌路線を6ケ月ぶりに再開しながら,過去中国高位級が専用機で使ったボーイング747機種を投じて,その背景も注目されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿